白物家電

CM-D465BとCM-D457Bの違いを比較!おすすめはどっち?ツインバードコーヒーメーカー

大きな違いは「一度に淹れられるコーヒーの量」「抽出後の温度キープ時間」「ミルの除電効果」です。 CM-D465Bは一度に最大6杯、CM-D457Bは一度に最大3杯までです。 出来上がったコーヒーの温度をキープしてくれる時間は、CM-D465Bは抽出後30分間、CM-D457Bは抽出後20分間。 除電効果でミルに粉が飛び散りにくくなっているのはCM-D465Bです。
白物家電

AQUA冷凍庫AQF-SF11NとAQF-SF11Mの違いを比較!電気代は高い?どっちがおすすめ?

AQF-SF11NとAQF-SF11Mの違いは、年間消費電力量と省エネ達成率。AQF-DF11Nの方が年間消費電力量と省エネ達成率が優れていて電気代が安い。AQF-SF11Nの年間の電気代は約9,920円。AQF-DF11Nを購入するのがオススメです。
白物家電

Airdog moi(エアドッグ モイ)加湿器の口コミレビュー!何畳が最適?色は選べる?

悪い口コミはパワーをあげると音が少しうるさい。口コミの中で特に多かったのは「給水時は水を上から注ぐだけなのでラク」「タンク内の水を除菌する機能が嬉しい」。Airdog moi(エアドッグ モイ)加湿器は最大で30畳までの部屋に適しています。カラーはホワイト一色のみです。
白物家電

コードレス回転モップクリーナーneo+とneo+Brisaの違いを比較!どっちがおすすめ?

neo+とneo+Brisaの違いは、モップの回転数、連続して使用できる時間、充電時間、防水機能がついているかどうか、黒カビを99.9%除去できるかどうか、ストラップがついているかどうか、価格です。大きな違いとしては、「モップの回転数」「防水機能の有無」「黒カビを99.9%除去できるかどうか」があげられます。
白物家電

CCPコードレス回転モップクリーナー ネオプラス(neo+)ZJ-MA21-WHの口コミレビュー!

悪い口コミには、部屋の角が拭けないというものがありました。パッドが丸い形状なので、部屋の角まではどうしても届きにくいです。全体的な掃除にはネオプラス(neo+)を使用し、部屋の角など気になる所は雑巾でサクッと拭くのが良いです。一方で、軽い力で少し押すだけなのでラク、1回の充電で家中掃除できた、カーペットや畳でも使うことができるのがよいといった良い口コミも多くみられました。
白物家電

ダイソン ホットアンドクールAM09の口コミレビュー!電気代は高い?

悪い口コミは、風量をあげると少々うるさい、音が気になるといったものがありました。一方で、ストーブが不要なくらい暖かい、夏も冬も脱衣所で重宝している、羽がないので小さな子供がいても安心、お手入れがしやすいという良い口コミもたくさんありました。温風で使用した場合1ヵ月(6時間x30日)約6,700円ほどの電気代がかかります。
白物家電

ダイソンHP07とHP09の違いを比較!どっちがおすすめ?空気清浄ファンヒーター

HP07とHP09の違いは、HP09はホルムアルデヒドを検知&分解できる。HP09の方が運転音が大きい。HP07のカラーは3色、HP09のカラーは1色。HP07の方が価格が安いの4つです。
美容・マッサージ

bisara pro(ビサラプロ)ドライヤーの口コミレビュー!使い方は簡単?

bisara proの口コミで特に多かったのが、「ハンズフリーが楽でとても助かっている」といった内容でした♪ また「髪がサラサラになった」「ツヤが出た」と髪への効果を実感している方も多くいらっしゃいました。 悪い口コミには、リビングで使うと、テレビの音が聞こえにくい、音が少し大きいなどがありました。
白物家電

東芝 石窯ドームER-XD3000の口コミレビュー!レシピもご紹介!

東芝 石窯ドームER-XD3000の口コミレビューをまとめました。また、ER-XD3000を使用したレシピについてもお話しています。悪い口コミには、メニュー番号が何のメニューに対応しているのか分かりにくい。良い口コミは、庫内、角皿のとれちゃうコートでお手入れがラク、汁物、焼き物、お弁当のおかずなどなんでも簡単調理で便利、予熱時間が短いなどがありました。
白物家電

bisara proとbisara with plusの違いを比較!ビサラ ハンズフリースタンドヘアドライヤー

bisara proとbisara with plusの違いは、bisara proの方が大風量で速乾力が高い、bisara proの方が静か、bisara proはより高い位置からの送風が可能、bisara proにはLEDライトが搭載、bisara proにはチャイルドモードが搭載、リモコンの仕様や収納方法が違う 、安全装置の数が違う、bisara with plusの方が軽くて若干コンパクト、bisara proの方が電源コードがちょっと長い、本体カラーが違う、bisara with plusの方が価格が安い、この11個です。