PV-BL1JとPV-BL2Hの違いを比較!日立 ラクかるスティック

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

日立 ラクかるスティック PV-BL1JとPV-BL2Hの違いを比較しました。

また、どちらがオススメなのかも合わせてお話します♪

PV-BL1JとPV-BL2Hの主な違いは、

・ヘッドの性能
・回転ブラシの性能
・付属品の数
・カラー
・価格
です。
PV-BL1Jのヘッドは自走機能のみですが、PV-BL2Hのヘッドには自走機能+白色ライト+掃除機を引いた時にしっかりゴミをキャッチする機能が備わっています。
PV-BL1Jの回転ブラシは、髪の毛が絡みにくい「からまんブラシ」を採用しています。
付属品は、PV-BL2Hの方が2個多いです。
本文ではさらに詳しくPV-BL1JとPV-BL2Hの違いを比較していきます。
ぜひ、ご覧ください♪
▼2022年3月中旬発売のPV-BL1Jはココからチェック!
※2022年3月2日時点ではまだ販売されていませんでした。
 現在は販売されている可能性があります。クリックしてお確かめください。
▼2020年12月中旬発売のPV-BL2Hはココからチェック!
スポンサーリンク

PV-BL1JとPV-BL2Hの違いを比較!

PV-BL1JとPV-BL2Hの違いは、以下の通りです。

・PV-BL1Jのヘッドは、自走コンパクトヘッドを採用している。
・PV-BL2Hのヘッドは、パワフルスマートヘッドlightを採用している。
・PV-BL1Jの回転ブラシは、からまんブラシを採用している。
・PV-BL2Hの回転ブラシは、きわぴたブラシを採用している。
・PV-BL2Hの方が付属品が多い
・PV-BL2Hの方が価格が大幅に安い
1つずつ解説していきますね♪

PV-BL1JとPV-BL2H ヘッドの違い

PV-BL1Jのヘッドは自走コンパクトヘッド

PV-BL2Hのヘッドはパワフルスマートヘッドlightを採用しています。

PV-BL1Jの自走コンパクトヘッドは、ブラシが回転する力で前に前に進んでいきます。
自分で動いてくれるので、力を加えなくてもスイスイ進みます。

PV-BL2Hのパワフルスマートヘッドlight

PV-BL2Hのパワフルスマートヘッドlight

画像引用:日立公式サイト商品ページ

PV-BL2Hのパワフルスマートヘッドlightは、自走機能に加えて、掃除機を引いた時もしっかりとゴミを吸ってくれるヘッドです。

ヘッドの動きに合わせて後方のシンクロフラップが開閉する事で、ゴミを引きずらずにうまく吸い取る事ができます。

白色ライトでゴミを照らしている写真

画像引用:日立公式サイト商品ページ

また、パワフルスマートヘッドlightには白色ライトも搭載されています。

白色のライトで前方を照らす事でゴミがはっきりと分かります。

ソファーや机の下といった暗い所のお掃除で大活躍します♪

しろっこ
しろっこ

軽い力でぐんぐん進む自走機能が搭載されているPV-BL1J。
自走機能+白色ライト+引く時もしっかりゴミをキャッチするPV-BL2H。

ヘッドに関してはPV-BL2Hの方が多機能です♪

PV-BL1JとPV-BL2H 回転ブラシの違い

従来型の回転ブラシを採用しているPV-BL1Hのブラシ写真 からまんブラシを搭載しているPV-BL1Jのブラシ写真

画像引用:日立公式サイト商品ページ

PV-BL1Jのヘッドブラシは「からまんブラシ」、PV-BL2Hのヘッドブラシは「きわぴたブラシ」&「かるふきブラシ」を採用しています。

PV-BL1J からまんブラシ

からまんブラシは、髪の毛や糸くずが絡みにくいブラシです。

従来型の回転ブラシの毛は1本1本真っ直ぐに伸びていますが、PV-BL1Jのブラシの毛はループ状になっています。(下の写真)

からまんブラシの拡大図

からまんブラシの先端拡大図

画像引用:日立公式サイト商品ページ

ブラシの先端をループ形状にする事で、髪の毛や糸くずなどがからまりにくくなり、ゴミをすっきりと吸引できます。

また、回転ブラシをヘッドの前方ぎりぎりに配置しているのため、残りがちな壁ぎわのゴミもしっかりと吸い取ってくれます♪

PV-BL2H きわぴたブラシ

壁際までしっかりとゴミを吸い取っているイメージ写真

きわぴたブラシイメージ

画像引用:日立公式サイト商品ページ

きわぴたブラシの毛は、1本1本まっすぐに伸びた形状をしています。

そのため、からまんブラシのように髪の毛がからみにくいといった機能はありません。

ですが、回転ブラシはヘッドの前方に配置されているので、壁ぎわのゴミはしっかりと吸い取ってくれます。

しろっこ
しろっこ

PV-BL1Jの回転ブラシは、からみにくい+壁ぎわのゴミもしっかり吸引。
PV-BL2Hの回転ブラシは、壁ぎわのゴミをしっかり吸引。
といった感じです♪

PV-BL1JとPV-BL2H 付属品の違い

PV-BL1JとPV-BL2Hは、付属品の数が違います

PV-BL1Jの付属品は5個。
PV-BL2Hの付属品は7個です。

PV-BL2Hは、PV-BL1Jの付属品+ほうきブラシとスティックスタンドがついてきます。

PV-BL1Jの付属品 PV-BL2Hの付属品
●延長パイプ
●ACアダプター
●ハンディブラシ
●すき間用吸口
●お手入れブラシ
●延長パイプ
●ACアダプター
●ハンディブラシ
●すき間用吸口
●お手入れブラシ
ほうきブラシ
スティックスタンド

PV-BL2Hの付属品 ほうきブラシ

ほうきブラシで引き出しの中を掃除している様子

ほうきブラシで引き出しの中を掃除している様子

画像引用:日立公式サイト商品ページ

PV-BL2Hのほうきブラシは、引き出しなどのお掃除に便利です。

ほうきブラシの吸込み口はチューブ状になっています。
1つ1つの吸込み口が小さいので、ペンやクリップ、消しゴムなどの小物類を吸わずにホコリやゴミだけを吸引する事が可能です。

下の写真は、ほうきブラシの吸込み口の写真です。

ほうきブラシの写真

画像引用:日立公式サイト商品ページ

PV-BL2Hの付属品 スティックスタンド

PV-BL2Hのスティックスタンド

画像引用:日立公式サイト商品ページ

PV-BL2Hのスティックスタンドは、収納する時に便利です。

すきま用吸口やほうきブラシといったアタッチメントも一緒に収納する事ができます♪

PV-BL1JとPV-BL2Hのカラーの違い

PV-BL1JとPV-BL2Hは、カラーが違います

PV-BL1Jのカラー・・・ホワイト
PV-BL2Hのカラー・・・シャンパンゴールド
PV-BL1Jの写真 PV-BL2Hの写真
PV-BL1J:ホワイト PV-BL2H:シャンパンゴールド
しろっこ
しろっこ

見た目はとても似ていますが、持ち手の色とヘッドの色が違います♪

PV-BL1JとPV-BL2H 価格の違いを比較

PV-BL1JとPV-BL2Hの価格の違いを比較しました。

価格.comの最安値を参考にしています。(2022年3月1日時点)

最安値
PV-BL1J 60,280円
PV-BL2 27,953円
しろっこ
しろっこ

PV-BL1JとPV-BL2Hの価格の差は32,327円です。

PV-BL2は発売当初より、かなりお安くなっています♪
(PV-BL2Hの初値は67,613円)

▼2022年3月中旬発売のPV-BL1Jはココからチェック!
※2022年3月2日時点ではまだ販売されていませんでした。
 現在は販売されている可能性があります。クリックしてお確かめください。
▼2020年12月中旬発売のPV-BL2Hはココからチェック!

PV-BL1JとPV-BL2H おすすめはどっち?

現時点では、PV-BL2Hをおすすめします

理由としてはPV-BL2Hには、

・自走機能+白色ライト+引く時もしっかりゴミをキャッチしてくれてるヘッドを搭載。
・アタッチメントのほうきブラシと、収納時に便利なスティックスタンドが付属している。
・価格がPV-BL1Jより約4万円安い。(2022年3月1日時点)

というメリットがあります。

PV-BL1Jは、PV-BL2Hにはない「からまんブラシ」を搭載していますが、価格の差を考えると、からまんブラシのためだけにPV-BL1Jを買うのは正直もったいないです。

しろっこ
しろっこ

PV-BL1Jを買うお金で、PV-BL2Hを2台買えちゃいますしね♪

▼2022年3月中旬発売のPV-BL1Jはココからチェック!
※2022年3月2日時点ではまだ販売されていませんでした。
 現在は販売されている可能性があります。クリックしてお確かめください。

▼2020年12月中旬発売のPV-BL2Hはココからチェック!

PV-BL1JとPV-BL2H 共通の機能

ここからはPV-BL1JとPV-BL2Hの共通の機能をご紹介していきます。

PV-BL1JとPV-BL2Hは軽い

女性が指一本でラクかるスティックを持ち上げている様子の写真

指一本で持ち上げられるほどの軽さ!

画像引用:日立公式サイト商品ページ

PV-BL1JとPV-BL2Hは、どちらもとても軽いです。

本体・延長パイプ・ヘッド・電池をすべて合わせても、約1.1kgの重さしかありません

しろっこ
しろっこ

軽いからガッツリお掃除しても疲れにくいです。

ラクに操作できるから、階段のお掃除や高い所のお掃除にもピッタリです♪

PV-BL1JとPV-BL2H 軽いのにハイパワー!

ラクかるスティックのパワーの秘密

画像引用:日立公式サイト商品ページ

PV-BL1JとPV-BL2Hは、軽いのにハイパワーです

空気の流れを効率よく制御できるファンを搭載しています。(斜流ファン)

アルミを素材にしているので、パワーは強力でもとても軽いです♪

PV-BL1JとPV-BL2H ペタリンコ構造

ソファーの下を掃除している様子の写真

画像引用:日立公式サイト商品ページ

PV-BL1JとPV-BL2Hは、ペタリンコ構造をしています。

床に沿うようにぺたんと本体を倒してもヘッドが浮かないので、狭い家具の下でもお掃除がしやすいです。

PV-BL1JとPV-BL2Hは菌を拭き取る

かるふきブラシの写真

画像引用:日立公式サイト商品ページ

PV-BL1JとPV-BL2Hの回転ブラシは、先端の形状は違うものの、どちらも菌を拭き取る効果があります。

回転ブラシの一部にふき用の毛(かるふきブラシ)が採用されていて、ゴミを吸い取るのと同時にフローリングの菌を拭き取ります。

ただし、本格的に水拭きをする機能ではないので、こびりついた汚れやフローリングの溝の汚れは取れない事もあるので注意。

PV-BL1JとPV-BL2Hのゴミ捨ては簡単♪

からまんプレスイメージ図

画像引用:日立公式サイト商品ページ

PV-BL1JとPV-BL2Hは、からまんプレス構造をしているのでゴミ捨てが簡単です

からまんプレス構造は、ゴミと空気を分離させ、ゴミをしっかりと圧縮します。

ゴミ捨てボタンを押すと、圧縮されたゴミが押し出されてポンッとゴミが出てきてくれます。

PV-BL1JとPV-BL2Hのお手入れも簡単♪

PV-BL1JとPV-BL2Hは、お手入れも簡単です

回転ブラシ、ダストケース、すき間用吸口などのアタッチメント類は水洗いが可能です。

また、回転ブラシはワンタッチで取り外しができるので、万が一髪の毛が絡んでしまっても楽に取り除く事ができます♪

回転ブラシを取り外している様子の写真

画像引用:日立公式サイト商品ページ

▼2022年3月中旬発売のPV-BL1Jはココからチェック!
※2022年3月2日時点ではまだ販売されていませんでした。
 現在は販売されている可能性があります。クリックしてお確かめください。
▼2020年12月中旬発売のPV-BL2Hはココからチェック!

PV-BL1JとPV-BL2Hの違いを比較!日立 ラクかるスティックまとめ

ここまで、日立 ラクかるスティック PV-BL1JとPV-BL2Hの違いを比較!についてお話してきました。

PV-BL1JとPV-BL2Hの大きな違いは、ヘッドと付属品と価格です。

PV-BL1Jのヘッドは自走機能のみですが、PV-BL2Hのヘッドは自走機能+白色ライト+クリーナーを引い時もしっかりとゴミをキャッチをします。

PV-BL2Hの付属品は、PV-BL1Jの付属品に加えて、ほうきブラシと収納する時に便利なスティックスタンドもついてきます。

価格はPV-BL2Hの方が約4万円程安いです。(2022年3月2日時点)

ラクかるスティック PV-BL1JとPV-BL2Hは、どちらも軽くて吸引力が強いコードレスクリーナーです。

軽いので普段のお掃除はもちろん、階段やちょっと高い所までラクにお掃除する事ができます。

ぜひ、一度チェックしてみてください♪

▼2022年3月中旬発売のPV-BL1Jはココからチェック!
※2022年3月2日時点ではまだ販売されていませんでした。
 現在は販売されている可能性があります。クリックしてお確かめください。
▼2020年12月中旬発売のPV-BL2Hはココからチェック!

Amazonプライム会員になるとお得にお買い物することが可能です。

商品を届けてもらうための配送料がプライム会員なら完全無料に!
※プライム会員でない場合、注文金額2,000円未満で410円または450円の配送料が必要になります。

通常配送料だけでなく、お急ぎ便(510円~650円)や日時指定便(510円~550円)も無料で利用できます。

お急ぎ便や日時指定便は、すぐに商品が欲しい時やお仕事などであまりお家にいないという方に便利なサービスです。

しろっこ
しろっこ

Amazonで月2回以上お買い物をすれば、配送料のみでプライム会費の元がとれます♪

※Amazonプライムは月額500円。初めての方は30日間の無料体験あり。

Amazonプライム会員になると、配送料が無料になるだけではなく様々な特典が利用できます。

>>プライム会員特典について詳しく知りたい方はこちら

プライム会員の月会費は月額600円(税込)。

1年分まとめてお支払いすると5,900円(税込)です。

1年分まとめて払う方が毎月月会費を支払うより年間1,300円お得です。

なお、初めてプライム会員になる人は30日間の無料体験が可能です!

様々な特典を楽しんだ後、無料体験期間終了前にプライム会員を解除すれば、料金は一切かかりません。

プライム会員の様々な特典が気に入った方は、そのまま有料会員として継続も可能です。

送料無料でお買い物ができて、色々な恩恵を受けられるAmazonプライム会員

ぜひ一度、体験してみてくださいね♪

Amazonプライムを体験してみる

白物家電掃除家電
しろっこをフォローする
白黒家電ブログ
タイトルとURLをコピーしました