bisara proとbisara with plusの違いを比較!ビサラ ハンズフリースタンドヘアドライヤー

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

bisara pro(ビサラ プロ)とbisara with plus(ビサラ ウィズ プラス)の違いを比較しました。

まだ、どっちがおすすめなのかもお話していきます。

bisara proとbisara with plusは、QUADSから発売された、ハンズフリーで使えるスタンド式のヘアドライヤーです。

bisara proとbisara with plusの違いは、

・bisara proの方が大風量で速乾力が高い
・bisara proの方が静か
・bisara proはより高い位置からの送風が可能
・bisara proにはLEDライトが搭載
・bisara proにはチャイルドモードが搭載
・リモコンの仕様や収納方法が違う
・安全装置の数が違う
・bisara with plusの方が軽くて若干コンパクト
・bisara proの方が電源コードがちょっと長い
・本体カラーが違う
・bisara with plusの方が価格が安い

この11個です。

bisara proとbisara with plusの大きな違いは、機能の多さと値段です。

bisara proの方が、大風量で速乾、静音、より高い位置からの送風、LED搭載でインテリアとしても活躍するなど、機能面でさまざまなメリットがあります。

しかし、価格の面ではbisara with plusの方が安く、最安値同士で比較すると、15,000円ほどの差があります。(2023年11月10日時点)

記事本文ではさらに詳しくbisara proとbisara with plusの違いについてお話していきます。

ぜひ最後までご覧くださいね♪

▼bisara pro(ビサラ プロ)はココからチェック!

▼bisara with plus(ビサラ ウィズ プラス)はココからチェック!

スポンサーリンク

bisara proとbisara with plusの違いを比較!ビサラ ハンズフリースタンドヘアドライヤー

bisara proとbisara with plusの違いは以下の通りです。

・bisara proの方が大風量で速乾力が高い
・bisara proの方が静か
・bisara proはより高い位置からの送風が可能
・bisara proにはLEDライトが搭載
・bisara proにはチャイルドモードが搭載
・リモコンの仕様や収納方法が違う
・安全装置の数が違う
・bisara with plusの方が軽くて若干コンパクト
・bisara proの方が電源コードがちょっと長い
・本体カラーが違う
・bisara with plusの方が価格が安い

この11個になります。

一つずつ、詳しくお話していきます。

bisara proの方が大風量で速乾力が高い

画像クリックで楽天市場に移動します。 

bisara with plusより、bisara proの方が大風量で速乾力が高いです。

bisara proとbisara with plusの風量は以下の通り。

bisara pro・・・2.2m³/分
bisara with plus・・・1.3m³/分

ドライヤーの風量に明確な基準はありませんが、一般的なドライヤーの風量は約1.3m³/分で、1.5m³/分以上あると大風量のドライヤーだと言われます。

なので、bisara proの最大2.2m³/分というのはかなりの大風量です。

bisara proで髪を乾かすのにかかる時間は、使用環境によって異なりますが、ロングヘア(約30cm以上)の女性が約8分、ミディアムヘア(約20cm)で約5分、ショートヘア(約10cm)では約2分となっています。

しろっこ
しろっこ

髪が短い人ならbisara with plusの風量でも十分ですが、髪が長い人は大風量のbisara proを選んだ方が良さそうですね♪

bisara proの方が静か

bisara proはDCブラシレスモーターを搭載していて、大風量でありながらも静音設計になっています。

bisara with plusには、DCブラシレスモーターは搭載されていません。

bisara proはDCブラシレスモーターを搭載することで、モーターを宙に浮かして振動を伝わりづらくし、吹き出し口からの風を出す際の空気抵抗を低減させるなどの仕組みにより、従来品に比べ約20%も駆動音が軽減しています。

従来のbisaraの音の大きさが最大78デシベルに対し、bisara proは最大でも62デシベルです。

しろっこ
しろっこ

音の目安として、60デシベルは普通に会話してる時の音の大きさ、70デシベルで走行中の電車内にいるときに感じる音の大きさといわれています。

音に敏感な人は、この差を結構感じると思います。

bisara proはより高い位置からの送風が可能

画像クリックで楽天市場に移動します。 

bisara proの方が、より高い位置からの送風が可能です。

bisara proもbisara with plusも、使用シーンに合わせ、吹き出し口(ドライヤー本体)の高さや角度を無段階に調節できるようになっていますが、bisara proの方がより高い位置に調節可能です。

bisara with plusが81cm〜142cmまでの高さで調節できるのに対し、bisara proは96cm〜149cmの間で調節が可能です。

高い位置から送風することで、髪の流れにそって乾かすことができます。

そのため、サロンでブローをしてもらったような、レベルの高い仕上がりが期待できます。

ちなみに、角度はbisara proもbisara with plusも、上下180℃動かすことができます。

bisara proにはLEDライトが搭載


画像引用:https://quads.co.jp/product/bisara-pro/

bisara proにはLEDライトが搭載されていて、ドライヤーとして使用しない時は、インテリアライトとして活躍します。

パープル、ピンク、グリーンの3色から選べます。

やわらかな光なので、落ち着いた印象を与え、癒しの空間を演出してくれます♪

bisara proにはチャイルドモードが搭載されている

画像クリックで楽天市場に移動します。

bisara proにはチャイルドモードが搭載されいています。

チャイルドモードは、風量「中」、温度レベル「50」という、熱すぎない温風設定になっていて、お子様でも安心して使うことができるモードです。

しろっこ
しろっこ

ちなみにbisara proもbisara with plusも、風量を3段階、温度は5段階で調節ができるので、bisara with plusでも調節すればお子様に最適な設定をすることはできます♪

リモコンの仕様や収納方法が違う

bisara proとbisara with plusは、どちらもリモコンが付属していますが、仕様や収納方法など、異なる部分があります。

▼bisara proのリモコン


画像引用:https://quads.co.jp/product/bisara-pro/

bisara proはマグネット式になっていて、本体にくっつくようになっています。

リモコン本体は手にフィットする円形で、温/冷風、風量調節、チャイルドモード、美髪モード、温度調節、LEDライトの操作が可能です。

また、bisara proのリモコンの真ん中にはデジタルディスプレイが搭載されていて、現在使っているモードがひと目でわかるようになっています。

▼bisara with plusのリモコン

画像クリックで楽天市場に移動します。

bisara with plusのリモコンはマグネット式ではありませんが、ドライヤーのヘッドのあたりに収納できるようになっています。

bisara with plusは楕円だえん形で、美髪モード、風量・温度調節、電源ON/OFFといった操作が可能です。

安全装置の数が違う

bisara proとbisara with plusは安全装置の数が違います。

bisara proはサーモスタット機能と、組立不具合時通電不可の機能の2つ。

bisara with plusはサーモスタット機能のみとなっています。

サーモスタット機能とは、ドライヤー内の温度が上がりすぎた時に、自動でヒーターをオフにしてくれる機能です。

組立不具合時通電不可は、言葉通り、組み立ての際や不具合がおこった際に通電しない機能です。

bisara with plusの方が軽くて若干コンパクト

bisara proより、 with plusの方が軽く、サイズも若干小さいです。

bisara proは重さ約4.8kg(土台含む)で、サイズが約幅24cm、奥行24cm、高さは96~149cmの範囲で調節が可能です。

bisara with plusは重さ約3.7kg(土台含む)で、サイズが約幅26cm、奥行26cm、高さ81~142cmの範囲で調節可能となっています。

しろっこ
しろっこ

bisara with plusは軽いので、掃除機をかける時や模様替えで移動させる時に、bisara proよりもちょっと楽ができそうです♪

bisara proの方が電源コードがちょっと長い

bisara proの方が電源コードがちょっと長いです。

bisara proの電源コードは約1.75m、bisara with plusの電源コードは約1,5mです。

本体カラー

bisara proの本体カラーはパープルシルバー、bisara with plusはアイボリーです。

▼bisara pro パールシルバー

画像クリックで楽天市場に移動します。

▼bisara with plus アイボリー

画像クリックで楽天市場に移動します。

bisara proは本体もリモコンもパールシルバーですが、bisara with plusの本体はアイボリー、リモコンのボタンは緑っぽい色合いになっています。

bisara with plusの方が価格が安い

価格が安いのはbisara with plusです。

楽天市場、 Amazon、Yahoo!ショッピングでそれぞれ最安値を調べてみました。
(2023年11月10日時点)

■bisara proの最安値
楽天市場:39,800円
Amazon:59,400円
Yahoo!ショッピング:39,800円
■bisara with plusの最安値
楽天市場:24,200円
Amazon:24,200円
Yahoo!ショッピング:24,200円

最安値で比較しても、大体15,000円ほどの差があります。

▼bisara pro(ビサラ プロ)はココからチェック!

▼bisara with plus(ビサラ ウィズ プラス)はココからチェック!

bisara proとbisara with plus どっちがおすすめ?

bisara proとbisara with plus、どちらがおすすめなのでしょうか。

「bisara proがおすすめな人」と「bisara with plusがおすすめな人」で分けてみました。

bisara proがおすすめな人

・速乾力、よりレベルの高いブローを求める人
・音が静かなドライヤーがほしい人
・インテリアライトとしても使いたい人
・マグネット式でディスプレイ内蔵のリモコンが良い人
・パープルシルバーの本体カラーが気に入った人
・小さなお子様がいる人
・髪が長い人

bisara with plusがおすすめな人

・ハンズフリーで髪が乾かせれば十分だという人
・掃除や模様替えを頻繁に行う人
・アイボリーの本体カラーが気に入った人
・髪が短い人
・価格を安く抑えたい人

結局どっちがいいの?

bisara proがオススメです。

bisara proは静音設計、大風量で速乾力が高い、高い位置からのブローでサロンレベルの仕上がりという機能面の高さが魅力的です。

特に、髪が長い人やお子様がいらっしゃる方は、断然bisara proが良いです。

ただし、値段が高いというデメリットがあります。

そのため価格を抑えたい、ハンズフリードライヤーにそこまで多くの機能を求めない、髪はそんなに長くないという方は、bisara with plusを選択するのもアリです。

▼bisara pro(ビサラ プロ)はココからチェック!

▼bisara with plus(ビサラ ウィズ プラス)はココからチェック!

bisara proとbisara with plusの共通の機能

bisara proとbisara with plusに共通している機能は以下の通りです。

・両手が開いて便利なハンズフリーモデル
・風が広範囲でムラなく乾く「TWIN AIR SYSTEM」
・マイナスイオンたっぷり!
・温/冷風交互の「美髪モード」
・自分好みの風量・温度調節が可能

一つずつ、くわしくお話していきます。

両手が開いて便利なハンズフリーモデル

bisara proとbisara with plusは、どちらもスタンド式で、手を使わずに髪を乾かすことができるハンズフリードライヤーです。

スマホを操作しながら、歯磨きやメイクをしながら、テレビを見ながらなど、髪を乾かす時間を有効に活用することができます。

腱鞘けんしょう炎などでドライヤーを長時間持つのが難しい方、小さなお子様や大切なペットの入浴後など、様々な場面で活躍します。

風が広範囲でムラなく乾く「TWIN AIR SYSTEM」

画像クリックで楽天市場に移動します。 

bisara proとbisara with plusは、どちらもドライヤー本体の上部と下部に2つの吹き出し口がついていて、2か所同時に風が出てきます。

これにより広範囲に風を送ることができ、頭頂部から毛先まで、同時にムラなく風をおくって乾かすことができます。

マイナスイオンたっぷり!

画像クリックで楽天市場に移動します。 

bisara proとbisara with plusは、風に乗ってマイナスイオンがたっぷり送られてきます。

公式によると、吹き出し口から5cm離れた所で計測した場合、1億個も放出されていたそうです。

しろっこ
しろっこ

マイナスイオンは、静電気を減らして髪の乾きすぎや広がりを抑え、髪のうるおいとツヤをアップさせる効果があると言われています♪

温/冷風交互の「美髪モード」

bisara proとbisara with plusは、どちらも温風と冷風が交互に送風される「美髪モード」があります。

美髪モードで髪を乾かすことによって、熱によるダメージを抑えて、まとまりのある、つややかな美髪に仕上がります。

しろっこ
しろっこ

美髪モード以外に、温風だけが出る「温風モード」、冷風だけがでる「冷風モード」もあります♪

自分好みの風量・温度調節が可能

bisara proもbisara with plusも、3段階の風量調節、5段階の温度調節ができます。

「すぐ乾かしたいので温度や風量を高めにしたい」、「ダメージを抑えたいので温度を低めにしたい」など、自分好みに設定することができます。

▼bisara pro(ビサラ プロ)はココからチェック!

▼bisara with plus(ビサラ ウィズ プラス)はココからチェック!

bisara proとbisara with plusの違いを比較!ビサラ ハンズフリースタンドヘアドライヤーまとめ

ここまで、bisara proとbisara with plusの違いを比較してきました。

bisara proとbisara with plusの違いは、以下の11個でした。

・bisara proの方が大風量で速乾力が高い
・bisara proの方が静か
・bisara proはより高い位置からの送風が可能
・bisara proにはLEDライトが搭載
・bisara proにはチャイルドモードが搭載
・リモコンの仕様や収納方法が違う
・安全装置の数が違う
・bisara with plusの方が軽くて若干コンパクト
・bisara proの方が電源コードがちょっと長い
・本体カラーが違う
・bisara with plusの方が価格が安い

bisara proとbisara with plusの大きな違いは、機能の多さと値段です。

bisara proの方が、大風量で速乾、静音、より高い位置からの送風、LED搭載でインテリアとしても活躍するなど、さまざまな機能があります。

しかし、価格の面ではbisara with plusの方が安く、最安値同士で比較すると、15,000円ほどの差があります。(2023年11月10日時点)

速乾力や機能面を考慮するとbisara proがオススメです。

ただし、価格を抑えたい、ハンズフリードライヤーにそこまで多くの機能を求めない、髪はそんなに長くないという方はbisara with plusを選択するのもアリです。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

▼bisara pro(ビサラ プロ)はココからチェック!

▼bisara with plus(ビサラ ウィズ プラス)はココからチェック!

Amazonプライム会員になるとお得にお買い物することが可能です。

商品を届けてもらうための配送料がプライム会員なら完全無料に!
※プライム会員でない場合、注文金額2,000円未満で410円または450円の配送料が必要になります。

通常配送料だけでなく、お急ぎ便(510円~650円)や日時指定便(510円~550円)も無料で利用できます。

お急ぎ便や日時指定便は、すぐに商品が欲しい時やお仕事などであまりお家にいないという方に便利なサービスです。

しろっこ
しろっこ

Amazonで月2回以上お買い物をすれば、配送料のみでプライム会費の元がとれます♪

※Amazonプライムは月額500円。初めての方は30日間の無料体験あり。

Amazonプライム会員になると、配送料が無料になるだけではなく様々な特典が利用できます。

>>プライム会員特典について詳しく知りたい方はこちら

プライム会員の月会費は月額500円(税込)。

1年分まとめてお支払いすると4,900円(税込)です。

1年分まとめて払う方が毎月月会費を支払うより年間1,100円お得です。

なお、初めてプライム会員になる人は30日間の無料体験が可能です!

様々な特典を楽しんだ後、無料体験期間終了前にプライム会員を解除すれば、料金は一切かかりません。

プライム会員の様々な特典が気に入った方は、そのまま有料会員として継続も可能です。

送料無料でお買い物ができて、色々な恩恵を受けられるAmazonプライム会員

ぜひ一度、体験してみてくださいね♪

Amazonプライムを体験してみる

白物家電
しろっこをフォローする
白黒家電ブログ
タイトルとURLをコピーしました