MK-K82とMK-K81の違いを比較!パナソニック フードプロセッサー

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

パナソニック フードプロセッサーMK-K82とMK-K81の違いを比較しました。

また、どっちがおすすめなのかもお話していきますね♪

MK-K82とMK-K81の違いを比較すると

・食洗機に対応しているかどうか
・こねる機能が使えるかどうか
・回転速度を切り替えられるかどうか
・電気代の違い
・価格の違い
という違いがありました。

MK-K82は2022年5月1日発売の新型のフードプロセッサーです。

食洗機対応で、容器や手洗いしにくいカッター類まで丸洗いが可能です。

MK-K81は2011年に発売された機種ですが、口コミなどでずっと評価が高く、根強い人気があります。

こちらは、こねる機能でパンやうどんの生地が作れます♪

その他の違いやどっちがおすすめなのかについては、本文にて詳しくお話しています。

ぜひ、ご覧ください♪

▼新型のパナソニック フードプロセッサー MK-K82はココからチェック!

▼根強い人気のパナソニック フードプロセッサーMK-K81はココからチェック!

パナソニック フードプロセッサー MK-K81
スポンサーリンク

MK-K82とMK-K81の違いを比較!パナソニック フードプロセッサー

パナソニック フードプロセッサーMK-K82とMK-K81の違いは

・MK-K82は食洗機で洗う事が可能。MK-K81は食洗機に対応していない。
・MK-K81はこねる機能が使える。パンやうどんなどの生地が作れる。
・MK-K82の回転速度は高速のみ。MK-K81は3段階で切り替えが可能。
・MK-K81の方が電気代が安い。
・MK-K81の方が価格が安い。

です。

1つずつ、詳しくご説明していきますね♪

MK-K82は食洗機対応だからお手入れが簡単

カッター洗浄カバーを食洗機に入れようとしている写真

カッター洗浄カバー

画像引用:パナソニック公式サイト商品ページ

MK-K82は食洗機に対応しています

本体と付属品のヘラ付きブラシ以外はすべて食洗機で洗えます。

容器やふた、手洗いしにくいカッター類も丸洗いが可能です。

カッター類は付属品のカッター洗浄カバーの中に入れてから食洗機にかけます。

MK-K81は「こねる」機能でパンやうどんが作れる!

パンの羽根とうどんの写真

左:付属品のパンの羽根

画像引用:パナソニック公式サイト商品ページ

MK-K81は付属品のパンの羽根を使って「こねる」を行う事ができます

うどんやパスタ、パンの生地が作れます。

MK-K82には「こねる」機能はありません。

しろっこ
しろっこ

MK-K81のレシピブックには、こねる機能を使ったピザやごまパン、肉まんやシナモンロールなどのレシピが掲載されています♪

MK-K82は回転速度の調整ができない

MK-K82は、カッターの回転速度を調整する事ができません

MK-K82は高速回転のみ可能です。

MK-K81は「低速」「あらびき」「高速」の3段階の速度に切り替えが可能です。

「低速」は歯ごたえを残しながら魚のすり身を作ったり、うどんやパスタを作るのに適しています。

「あらびき」は肉や魚を歯ごたえのある粒状にするのに適しています。

野菜を「あらびき」で調理した場合は、汁が出ないキレイなみじん切りを作る事ができます。

「高速」は、すりつぶしたりパンなどの生地作りをするのに適しています。

しろっこ
しろっこ

MK-K81は回転速度を切り替える事で食材の仕上がり具合を調整できます♪

MK-K81の方が電気代が安い

MK-K81の方が電気代が安いです

電気代は消費電力によって計算できます。

MK-K81の消費電力は120W、MK-K82の消費電力は170Wです。

それぞれ30分間使った場合の電気代を計算してみました。

▼MK-K81の電気代

120(消費電力W)x0.5(時間h)=60(電力量Wh)
60÷1000=0.06(kWh)
0.06(kWh)x27(円)=1.62円
※1kWhあたりの電力量料金が27円として計算。

MK-K81を30分使用した場合の電気代は1.62円です。

▼MK-K82の電気代

170(消費電力W)x0.5(時間h)=85(電力量Wh)
85÷1000=0.085(kWh)
0.085(kWh)x27(円)=2.295円
※1kWhあたりの電力量料金が27円として計算。

MK-K82を30分使用した場合の電気代は2.295円です。

しろっこ
しろっこ

連続使用可能時間が30分なので、今回は30分使用したものとして計算しました。

ですが実際には数十秒~数分で調理が完了する事がほとんどです。

多少の違いはありますが、どちらも電気代はかなり安いですよね♪

MK-K82とMK-K81の価格の違いを比較

MK-K82より、MK-K81の方が価格は安いです

楽天市場、 Amazon、Yahoo!ショッピングでそれぞれ最安値を調べてみました。
(2022年4月25日時点)

楽天市場 Amazon Yahoo!ショッピング
MK-K82 19,800円 20,889円 19,646円
MK-K81 15,100円 13,773円 14,890円
しろっこ
しろっこ

MK-K82とMK-K81の価格の差は約5,000円~7,000円です。

そしてMK-K82の最安値はYahoo!ショッピング、MK-K81の最安値はAmazonという結果になりました♪

 

ただ、こちらの価格は2022年4月25日時点のものです。

価格は日々変動するので、最新の価格が知りたい方は下記のリンクから確認をお願いします。

▼MK-K82

>>楽天市場で最安値を確認する

>>Amazonで最安値を確認する

>>Yahoo!ショッピングで最安値を確認する

▼MK-K81

>>楽天市場で最安値を確認する

>>Amazonで最安値を確認する

>>Yahoo!ショッピングで最安値を確認する

▼新型のパナソニック フードプロセッサー MK-K82はココからチェック!

▼根強い人気のパナソニック フードプロセッサーMK-K81はココからチェック!

パナソニック フードプロセッサー MK-K81

MK-K82とMK-K81 おすすめはどっち?

MK-K82とMK-K81、どっちがオススメなのかを考えてみました。

MK-K82がオススメな人

・お手入れは簡単な方が良い人
・食洗機を持っている人
・家事に時間をかけることが出来ない人
・最新の機種を使いたい人

MK-K81 がオススメな人

・こねる機能を使って、パンやうどん、パスタなどを作りたい人
・食洗機を持っていない人
・購入価格をできるだけ抑えたい人
・少しでも電気代を抑えたい人
しろっこ
しろっこ

MK-K82とMK-K81の大きな違いは「こねる機能があるかどうか」と「食洗機で洗えるかどうか」です。

価格は「こねる」機能があるMK-K81の方が安いです。

 

そういった点をふまえると、食洗機に対応している機種がどうしても欲しい!という人以外は、価格が安くてこねる機能があるMK-K81を選ぶのが良いと思いました♪

 

▼新型のパナソニック フードプロセッサー MK-K82はココからチェック!

▼根強い人気のパナソニック フードプロセッサーMK-K81はココからチェック!

パナソニック フードプロセッサー MK-K81

パナソニック フードプロセッサー MK-K82とMK-K81の共通の機能

ここからは、MK-K82とMK-K81の共通の機能をご紹介していきます。

きざむ・すりつぶす・混ぜるができる

きざむ機能で出来る事

左上:付属品のナイフカッター

画像引用:パナソニック公式商品ページ

MK-K82とMK-K81は、付属品のナイフカッターを使って、「きざむ」「すりつぶす」「混ぜる」動作ができます

ハンバーグ用のミンチを作ったり、玉ねぎのみじん切りを作ったり、エビのすり身もできちゃいます。

イワシは骨ごとすり身にする事もできます♪

スライス・せん切りができる

スライス、千切り機能

左上:スライス・せん切りカッター

画像引用:パナソニック公式商品ページ

MK-K82とMK-K81は、スライス・せん切りカッターを使って「スライス」「せん切り」が可能です。

包丁で切るよりも、薄く、細く、キレイです!

特に、大量に切りたい時はオススメの機能です♪

しろっこ
しろっこ

大根をせん切りにして大根サラダを作ったり、じゃがいもを薄くスライスしてポテトチップスも作れちゃいます♪

おろすができる

おろし・とろろカッターで出来る事

左上:おろし・とろろカッター

画像引用:パナソニック公式商品ページ

MK-K82とMK-K81は、おろし・とろろカッターを使って「おろす」ができます

力が必要で時間もかかる、いやーなおろし作業が簡単にできます。

しろっこ
しろっこ

手ですりおろす時とは違い、最後まで確実におろすことができるので、食材を無駄にしません♪

粗おろしができる

鬼おろしカッター

左上:鬼おろしカッター

画像引用:パナソニック公式商品ページ

MK-K82とMK-K81は、鬼おろしカッターを使って食材を「粗くおろす」事ができます

水分が出にくくベチャベチャにならないので、素材のシャキシャキとした食感を楽しめます。

しろっこ
しろっこ

ハッシュドポテトやりんごのジャムなど作るのに適しています。

離乳食中期のごはんを作るのにもちょうど良いかと思います♪

ガラス製の容器

MK-K82とMK-K81の容器はガラス製です

フードプロセッサーの容器には、ガラス製・プラスチック製、ステンレス製の3種類があります。

ガラス製の場合少し重たいのが欠点ですが、表面に傷が付きにくいため雑菌が繁殖しにくく、清潔な状態を保ちやすいです。

しろっこ
しろっこ

油汚れやニオイもすっきり洗い落とす事ができます♪

▼新型のパナソニック フードプロセッサー MK-K82はココからチェック!

▼根強い人気のパナソニック フードプロセッサーMK-K81はココからチェック!

パナソニック フードプロセッサー MK-K81

MK-K82とMK-K81の違いを比較!パナソニック フードプロセッサーまとめ

ここまで、MK-K82とMK-K81の違いを比較!パナソニック フードプロセッサーについてお話ししてきました。

MK-K82は、本体と付属品のヘラつきブラシ以外は食洗機で洗う事ができます。

付属品のカッター洗浄カバーを使う事で、カッター類も食洗機で洗えます。

MK-K81は、こねる機能でパスタやうどん、パンの生地が作れます。

レシピブックには、肉まんやシナモンロール、水ぎょうざなどのレシピも掲載されています♪

MK-K82とMK-K81は、どちらも料理の幅を広げ、家事の時短にも繋がる便利な製品です。

ぜひ、一度チェックしてみください♪

▼新型のパナソニック フードプロセッサー MK-K82はココからチェック!

▼根強い人気のパナソニック フードプロセッサーMK-K81はココからチェック!

パナソニック フードプロセッサー MK-K81

Amazonプライム会員になるとお得にお買い物することが可能です。

商品を届けてもらうための配送料がプライム会員なら完全無料に!
※プライム会員でない場合、注文金額2,000円未満で410円または450円の配送料が必要になります。

通常配送料だけでなく、お急ぎ便(510円~650円)や日時指定便(510円~550円)も無料で利用できます。

お急ぎ便や日時指定便は、すぐに商品が欲しい時やお仕事などであまりお家にいないという方に便利なサービスです。

しろっこ
しろっこ

Amazonで月2回以上お買い物をすれば、配送料のみでプライム会費の元がとれます♪

※Amazonプライムは月額500円。初めての方は30日間の無料体験あり。

Amazonプライム会員になると、配送料が無料になるだけではなく様々な特典が利用できます。

>>プライム会員特典について詳しく知りたい方はこちら

プライム会員の月会費は月額600円(税込)。

1年分まとめてお支払いすると5,900円(税込)です。

1年分まとめて払う方が毎月月会費を支払うより年間1,300円お得です。

なお、初めてプライム会員になる人は30日間の無料体験が可能です!

様々な特典を楽しんだ後、無料体験期間終了前にプライム会員を解除すれば、料金は一切かかりません。

プライム会員の様々な特典が気に入った方は、そのまま有料会員として継続も可能です。

送料無料でお買い物ができて、色々な恩恵を受けられるAmazonプライム会員

ぜひ一度、体験してみてくださいね♪

Amazonプライムを体験してみる

白物家電キッチン家電
しろっこをフォローする
白黒家電ブログ
タイトルとURLをコピーしました