PV-BL30JとPV-BL30Hの違いを徹底比較!パワかるスティックどっちがオススメ?

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

日立 パワかるスティック PV-BL30JとPV-BL30Hの違いを徹底比較しました。
また、どんな人におすすめなのかもお伝えしていきます♪

PV-BL30JとPV-BL30Hの違いを簡単に比較すると、

●PV-BL30Jはヘッド部分に「からまんブラシ」を採用しているので髪の毛や糸くずが絡みにくい。
●PV-BL30Jは「ジェット3Dファンモーター」搭載で吸引力が10%アップ!
●PV-BL30JとPV-BL30Hの付属品が7個中2個違う。
●PV-BL30JとPV-BL30Hの仕様はほぼ同じ。ヘッドの色と本体重量だけが少し違う。

PV-BL30JとPV-BL30Hの詳しい違いは、本文にて分かりやすく解説&比較しました。
ぜひご覧くださいませ♪

▼からまんブラシ搭載の最新型パワかるスティックPV-BL30Jはココからチェック!

▼従来型のパワかるスティックPV-BL30Hはココからチェック!

スポンサーリンク

PV-BL30JとPV-BL30Hの違いを比較

PV-BL30Jは、2021年11月中旬発売予定の「最新型のパワかるスティック」です。
PV-BL30Hは、2021年3月13日に発売された「型落ちパワかるスティック」です。

PV-BL30JとPV-BL30Hはどう違うのか、順番に説明していきますね♪

PV-BL30Jはからまんブラシを搭載

PV-BL30JとPV-BL30Hのブラシの違いを比較する写真

PV-BL30JとPV-BL30Hのブラシの違い。

 引用:日立公式サイト

PV-BL30Jには、からまんブラシが搭載されています。

上の写真のイメージ図を見ると、PV-BL30Hのブラシは1本1本真っ直ぐに伸びているブラシですが、PV-BL30Jのブラシはループ状になっている事が分かります。

ブラシの先端をループ形状にする事で、髪の毛や糸くずなどがからまりにくくなっています。

からまんブラシの先端部分の写真

からまんブラシの先端の様子。

引用:日立公式サイト

しろっこ
しろっこ

ブラシがからみにくいから、お掃除効率が下がらない。
お手入れも楽にできそうですよね♪

PV-BL30Jは吸引力が10%アップ!

ジェット3Dファンモーターの写真(イメージ図)

ジェット3Dファンモーターの写真(イメージ図)

引用:日立公式サイト

PV-BL30Jは「ジェット3Dファンモーター」を採用しています。

ジェット3Dファンモーターは、空気の流れを効率よく制御します。
また、強度も高めたおかげで高速回転も可能になりました。

それによりPV-BL30Jは、PV-BL30Hよりも吸引力が10%アップしました。

PV-BL30JとPV-BL30Hの付属品の違い

PV-BL30Jの付属品 PV-BL30Hの付属品
● ハンディブラシ
すき間用吸口
ファブリックヘッド
● 延長パイプ
● スティックスタンド
● ACアダプター
● お手入れブラシ
● ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
ふとん用吸口
● 延長パイプ
● スティックスタンド
● ACアダプター
● お手入れブラシ

PV-BL30JとPV-BL30Hは、付属品がちょっと違います。
赤色の文字部分が違う所です。

PV-BL30Jのすき間用吸口は、棚や狭いすき間などのお掃除に便利な付属品です。

PV-BL30Jのすき間用吸口の写真

PV-BL30Jのすき間用吸口。

 引用:日立公式サイト

PV-BL30Hの2WAYすき間用吸口は、ワンタッチですき間吸口とブラシに切り替わる付属品です。

PV-BL30Hの2WAYすき間ブラシの写真

PV-BL30Hの2WAYすき間ブラシ。

引用:日立公式サイト

しろっこ
しろっこ

すき間用吸口に関しては従来型PV-BL30Hの「2WAYすき間ブラシ」の方が便利そうですね。
ブラシがついていると、窓の冊子などのお掃除が楽にできちゃいますよね♪
ただ、ハンディブラシがどちらも付属しているので、つけ替える手間はありますが、PV-BL30Jでも窓の冊子などを掃除する事は可能です。

PV-BL30Jのファブリックヘッドは、布団やソファなどのお掃除に適しています。
布団を傷めず、ホコリやゴミ、ダニの死がいなどを吸い取る事ができます。

PV-BL30Hの布団用吸口は、ファブリックヘッドと同じ使い方をします。
どうやら名称だけが違うようです。

PV-BL30Jのファブリックヘッドの写真

PV-BL30Jのファブリックヘッド。

 引用:日立公式サイト

しろっこ
しろっこ

PV-BL30JとPV-BL30H、どちらも布団用のヘッドが付属しているのは嬉しいですね。
ダニやハウスダストのアレルギーがある人、ペットがいる人、小さな子どもがいる人なんかには必需品と言ってもいいくらいの付属品です♪

PV-BL30JとPV-BL30Hの仕様の違い

PV-BL30J PV-BL30H
シャンパンゴールド
(ヘッドは)
シャンパンゴールド
(ヘッドもシャンパンゴールド)
本体寸法 スティック時
23cm×23cm×101cm
ハンディ時
33.1cm×9cm×18.6cm
スタンド時
27cm×28cm×106cm
スティック時
23cm×23cm×101cm
ハンディ時
33.1cm×9cm×18.6cm
スタンド時
27cm×28cm×106cm
重量 1.4kg(本体は0.97kg) 1.4kg(本体は0.95kg)
集じん容積 0.15L 0.15L
電池 カセット式リチウムイオン電池21.6V カセット式リチウムイオン電池21.6V
連続使用時間 強:約8分
標準:約40分
パワフルスマートヘッド非使用時は約60分。
強:約8分
標準:約40分
パワフルスマートヘッド非使用時は約60分。
充電時間 約3.5時間 約3.5時間

PV-BL30JとPV-BL30Hの仕様を表で比較しました。
違う所は赤文字になっています。

しろっこ
しろっこ

仕様はほとんど変わりがありません。
本体の重量と、色の違いだけです。
下の比較写真を見ると、ヘッド部分の色の違いが良く分かります♪

PV-BL30J PV-BL30H
PV-BL30J PV-BL30H

画像引用:日立公式サイト

PV-BL30JとPV-BL30Hどっちがおすすめ?

PV-BL30Jがおすすめな人

●吸引力重視の人
●毛足の長いカーペットやラグがある人
●猫や犬などのペットがいる人
●最新型を購入して長く大切に使いたい人

PV-BL30Hがオススメな人

●サブの掃除機として考えている人
●窓の冊子を頻繁にお掃除する人
●機能はそこそこ、価格は安い方が良いと考えている人
しろっこ
しろっこ

「性能をとるか、価格をとるか」難しいところですよね。
メインで使う予定ならば、多少価格が高くても吸引力などが高いPV-BL30Jが良いような気がします。

からまんブラシ搭載の最新型パワかるスティックPV-BL30Jはココからチェック!

▼従来型のパワかるスティックPV-BL30Hはココからチェック!

PV-BL30JとPV-BL30Hで共通する機能

ゴミくっきりライトでゴミを見逃さない!

ゴミくっきりライトで照らされたごみの見え方の写真

ゴミくっきりライトで照らされたごみの見え方。

 引用:日立公式サイト

PV-BL30JとPV-BL30H、どちらも「ゴミくっきりライト」を搭載しています。

白色+緑色のライトでゴミを見えやすくしています。
緑色は一番明るく見える波長に近く、ゴミとゴミの影の明暗がはっきりと分かります。

しろっこ
しろっこ

ベッドの下などの暗い所はもちろん、明るい所でもゴミを見逃しません!

自走式パワフルスマートヘッドがすごい!

PV-BL30JとPV-BL30Hは、どちらも自走式の「パワフルスマートヘッド」を採用しています。

自走式なので、女性やお年寄り、子どもでも軽い力でスイスイお掃除する事ができます。

また、パワフルスマートヘッドには、シンクロフラップという機能がついていて、ヘッドを押した時も引い時もゴミをしっかり吸引してくれます。

シンクロフラップのイメージ図

シンクロフラップのイメージ図。

 引用:日立公式サイト

しろっこ
しろっこ

押しても引いても吸引してくれるなら、同じ所を何度も掃除するという事がなくなりそうです。
また、自走式なので手や腕の疲労もかなり軽減されそうですね♪

ヘッド部分はとってもコンパクトなので、狭いすき間やベッドの下のお掃除にも活躍してくれます!

狭いすき間やベッドの下をお掃除している様子の写真

狭いすき間やベッドの下をお掃除している様子。

 引用:日立公式サイト

しろっこ
しろっこ

家具の下は、10cm以上のすき間があれば問題なく掃除できるようです♪

女性に優しい軽量設計

PV-BL30JとPV-BL30Hは、どちらも本体・パイプ・パワフルスマートヘッドを合わせて重さが1.4kgです。

軽いから、持ち運びも床掃除も、高い所の掃除もラクラク出来ちゃいます♪

しろっこ
しろっこ

私が2020年に購入したとあるコードレスクリーナーの重さは約2.57kgでした。
PV-BL30JとPV-BL30Hと比べると約1.8倍もの重さです。
そう考えると、1.4kgという重さは信じられないくらい軽いと言えます。
日立は全国の女性やお年寄りのために頑張ってくれました!

スティックスタンドが付属している

スティックスタンド

画像引用:日立公式サイト

PV-BL30JとPV-BL30Hには、スティックスタンドが付属しています。

スティックスタンドは付属品も一緒に収納できるようになっています。

しろっこ
しろっこ

コードレスクリーナーは、スタンドが付属していない事がほとんどかと思います。(ダイソンなど)
大体は壁に穴を開けて収納するための部品を設置or別売りでスタンドを購入する必要があります。
別売りのスタンドは数千円から1万円程するものもあり、意外とお高いです。
でも、PV-BL30JとPV-BL30Hなら別売りのスタンドを購入する必要がないのでお財布にとても優しいと言えます♪

お手入れが簡単

からまんプレス構造を説明する写真

からまんプレス構造の説明。

 引用:日立公式サイト

掃除後のお手入れが簡単です。
PV-BL30JとPV-BL30Hのダストボックスは、からまんプレス構造という機能が備わっているので、掃除後のゴミがとても捨てやすいです。

ゴミと空気を遠心分離して圧縮するので、まとまった状態でゴミ箱に捨てる事ができます。

しろっこ
しろっこ

圧縮する事によってゴミがまとまった状態になるのは良いですね。
圧縮機能がないコードレスクリーナーは、ゴミを捨てる時に細かい髪の毛やホコリがパラパラとゴミ箱の外に落ちちゃう事があるんです。

ちなみにダストボックスは分解して丸洗いできちゃいます!

ダストボックス丸洗いのイメージ図

ダストボックス丸洗いのイメージ図。

 引用:日立公式サイト

ついでにパワフルスマートヘッドのブラシも丸洗いする事ができます。

パワフルスマートヘッドのブラシを取り外した様子の写真

パワフルスマートヘッドのブラシ。

 引用:日立公式サイト

しろっこ
しろっこ

仮にお手入れをサボりすぎて、ヘッドブラシに髪の毛やゴミが詰まって動かなくなった!という事態が起きてもブラシが着脱できるので安心ですね♪
(本当はお手入れサボっちゃだめだけどね。)

PV-BL30JとPV-BL30Hの違いを徹底比較まとめ

▼PV-BL30JとPV-BL30Hの違い▼

●PV-BL30Jは、ヘッドブラシに「からまんブラシ」を搭載。髪の毛や糸くずがからみにくい。
●PV-BL30Jは、PV-BL30Hよりも吸引力が10%アップ!
●付属品が7個中2個違う。PV-BL30Jは、すき間用吸口とファブリックヘッドが付属。PV-BL30Hは、2WAYすき間ブラシとふとん用吸口が付属している。
●PV-BL30Jのヘッドの色は黒。PV-BL30Hのヘッドの色はシャンパンゴールド。
●PV-BL30Jの本体重量は0.97kg。PV-BL30Hの本体重量は0.95kg。
ここまで、日立パワかるスティックPV-BL30JとPV-BL30Hの違いについてお話してきました。
PV-BL30Jは、からまんブラシ搭載で吸引力が10%もアップしているので、毛足の長いカーペットやラグを持っている人、犬や猫などのペットを飼っている人におすすめです。
PV-BL30Hは、ワンタッチで切り替わる2WAYすき間ブラシが付属しているので窓の冊子を頻繁に掃除する人におすすめです。
また、新型が登場すると従来型の値段が安くなる傾向があるので、機能はそこそこ価格は安い方がいい!というような人にもおすすめです。
本体、パイプ、ヘッドブラシを合わせた重量は1.4kg。女性やお年寄りにも優しく、男性の方も腕が疲れにくいです。
ぜひ一度チェックしてみてください♪
▼からまんブラシ搭載の最新型パワかるスティックPV-BL30Jはココからチェック!
▼従来型のパワかるスティックPV-BL30Hはココからチェック!

Amazonプライム会員になるとお得にお買い物することが可能です。

商品を届けてもらうための配送料がプライム会員なら完全無料に!
※プライム会員でない場合、注文金額2,000円未満で410円または450円の配送料が必要になります。

通常配送料だけでなく、お急ぎ便(510円~650円)や日時指定便(510円~550円)も無料で利用できます。

お急ぎ便や日時指定便は、すぐに商品が欲しい時やお仕事などであまりお家にいないという方に便利なサービスです。

しろっこ
しろっこ

Amazonで月2回以上お買い物をすれば、配送料のみでプライム会費の元がとれます♪

※Amazonプライムは月額500円。初めての方は30日間の無料体験あり。

Amazonプライム会員になると、配送料が無料になるだけではなく様々な特典が利用できます。

>>プライム会員特典について詳しく知りたい方はこちら

プライム会員の月会費は月額600円(税込)。

1年分まとめてお支払いすると5,900円(税込)です。

1年分まとめて払う方が毎月月会費を支払うより年間1,300円お得です。

なお、初めてプライム会員になる人は30日間の無料体験が可能です!

様々な特典を楽しんだ後、無料体験期間終了前にプライム会員を解除すれば、料金は一切かかりません。

プライム会員の様々な特典が気に入った方は、そのまま有料会員として継続も可能です。

送料無料でお買い物ができて、色々な恩恵を受けられるAmazonプライム会員

ぜひ一度、体験してみてくださいね♪

Amazonプライムを体験してみる

白物家電掃除家電
しろっこをフォローする
白黒家電ブログ
タイトルとURLをコピーしました