ダイソン ホットアンドクールAM09の口コミレビュー!電気代は高い?

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

ダイソン ホットアンドクールAM09の口コミやレビューをまとめました。

そして電気代についても詳しく解説していきます。

ダイソン ホットアンドクールAM09は、2015年10月に発売されたファンヒーターです。

ファンヒーターとしてだけでなく、暑い日には扇風機としても使うことができます。

悪い口コミは、

・風量をあげると少々うるさい
・音が気になる

といったものがありました。

ダイソン ホットアンドクールAM09は、扇風機などと同様、風量を強くすればするほど音も大きくなっていきます。

テレビを見たり何か作業をする場合は、最大風量で使うのは避けて、音が気にならない程度の風量に調節するのが良いです。

一方で、

・温風モードは、ストーブが不要なくらい暖かい
・夏も冬も脱衣所で重宝している
・羽がないので小さな子供がいても安心
・お手入れがしやすい
・デザインがかっこいい
・タイマーがついているので便利
・一年を通して使える
・スリムで置き場所に困らない

といった良い口コミも多くみられました。

口コミの中で特に多かったのが「温風モードが暖かい」という内容の口コミでした。

冬場は脱衣所や洗面所、廊下などで使用している方が多く、「足元がしっかりあたたまる」「風量が弱めでも十分暖かい」「ストーブがなくても良いくらい温まる」といった嬉しい声がたくさんありました。

記事本文では、詳しい口コミの他に機能や特徴、電気代についてもご紹介しています。

ぜひ、最後までご覧ください♪

▼ダイソン ホットアンドクールAM09はココからチェック!

スポンサーリンク

ダイソン ホットアンドクールAM09の口コミレビュー!

ダイソン ホットアンドクールAM09の口コミレビューをご紹介します。

まずは悪い口コミから見ていきましょう。

ダイソン ホットアンドクールAM09の悪い口コミ

・風量をあげると少々うるさい
・音が気になる

「音が気になる」「風量を上げると少しうるさい」という内容の口コミが何件かありました。

ダイソン ホットアンドクールAM09は、風量を10段階で調節することができ、風量を強くすればするほど音も大きくなっていきます。

温風モード時の最小運転音は32.8dBですが、風量を最大にすると運転音は40.3dBほど。

涼風モードでは最小運転音が30.9dB、最大運転音は50.8dBほどの音の大きさです。

dB(デシベル)というのは音の大きさを表す単位で、数字が大きくなるほど音の大きさもアップしていきます。

目安として、大体30dBで「ささやき声」くらいの音の大きさ、40dBで「図書館にいる時」くらいの音、50dBで「1m離れた所にある換気扇」くらいの音の大きさです。

しろっこ
しろっこ

テレビを見たり何か作業をする場合は、最大風量で使うのは避けて、音が気にならない程度の風量に調節するのが良さそうですね。

幸いな事にダイソン ホットアンドクールAM09は10段階の風量調節が出来るので、風量も音も心地よい所に調節できると思いますよ♪

ダイソン ホットアンドクールAM09の良い口コミ

ここからは、ダイソン ホットアンドクールAM09の良い口コミをご紹介します。

「パワー」「使いやすさ」「サイズ」「デザイン」について順番に紹介していきますね♪

パワーに関する口コミ

・温風モードは、ストーブが不要なくらい暖かい
・6~8畳くらいの部屋なら、これ一つで十分温まる
・小型の扇風機としては十分な風力

こちらはパワーに関する口コミです。

口コミの中で特に多かったのが「温風モードが暖かい」という内容の口コミでした。

冬場は寒い脱衣所や洗面所、廊下などで使用している方が多く、「足元がしっかりあたたまる」「風量が弱めでも十分暖かい」「ストーブがなくても良いくらい温まる」といった嬉しい口コミがたくさんありました。

しろっこ
しろっこ

ダイソン ホットアンドクールAM09は、温風だけでなく涼風も出るので、冬だけでなく夏場でも活躍します。

また、広範囲に風を届けるワイドモードや首振り機能、特定の場所に集中して風を送るフォーカスモードなども搭載しているので、1年中色々な使い方ができます♪

使いやすさに関する口コミ

・角度調整ができるので風が心地いい
・タイマーがついていて便利
・一年を通して使える
・ホット・クールの切り替えがすぐできるのでよい

こちらは「使いやすさ」に関する口コミです。

AM09は上下の角度調整が可能です。

足元に集中させたい時は角度を少し下向きに、お風呂上りなど体全体を温めたい時は上向きに角度を調整する、というような使い方ができます。

また、スリープタイマー機能も搭載されていて、最短で15分、最長で9時間まで設定することが可能です。

設定した時間に達するとスタンバイモードに自動的に切り替わるので、夜間でも安心して使用することができます。

サイズに関する口コミ

・スリムで置き場所に困らない
・脱衣所に置いているが、邪魔にならなくてよい
・省スペースで嬉しい
・寝室に置いても場所をとらない

AM09に関する口コミで最も多かったのが、サイズ感に関する口コミでした。

ダイソン ホットアンドクールAM09のサイズは、幅20.4cm、高さ59.5cm、奥行き20.4cmというなかなかのコンパクトサイズ。

分かりやすく例えると、大体A4のコピー用紙を縦に2枚並べた時の幅と高さです。
※A4・・・横21cm×縦29.7cm。

しろっこ
しろっこ

ちなみにAM09の適用床面積は木造なら6畳、コンクリートでは8畳ほど。

AM09は小さめの部屋に設置するのにちょうど良いんですよね♪

デザインに関する口コミ

・デザインがかっこいい
・スタイリッシュ
・シンプルで気に入っている
・羽がないので小さな子供がいても安心

こちらはデザインに関する口コミです。

「かっこいい」「スタイリッシュ」「シンプルでいい」など、デザインに満足されている方がたくさんいらっしゃいました。

また、お子さんがいるご家庭からは「扇風機と違って羽がないから安心」という声や「羽がないからお手入れしやすい」といった声もありました。

 

カラーは「ホワイト/ニッケル」「ブラック/ニッケル」「アイアン/サテンブルー」の3色です。

どのカラーも無駄な装飾がなく、すっきりしたデザインになっています。

▼ダイソン ホットアンドクールAM09「ホワイト/ニッケル」

画像クリックで楽天市場に移動します。

▼ダイソン ホットアンドクールAM09「ブラック/ニッケル」

画像クリックで楽天市場に移動します。

▼ダイソン ホットアンドクールAM09「アイアン/サテンブルー」

画像クリックで楽天市場に移動します。 

▼ダイソン ホットアンドクールAM09はココからチェック!

ダイソン ホットアンドクールAM09の電気代

ここからは、ダイソン ホットアンドクールAM09の電気代について解説していきます。

電気代は消費電力から計算することができます。

ダイソン ホットアンドクールAM09の消費電力は以下の通りです。

◆消費電力
涼風モード: 5.4W/26W(最小/最大)
温風モード :1,200W

「涼風モード(最小)」の電気代

「涼風モード(最小)」の消費電力は5.4wです。

1時間あたりの電気代は以下の通りです。

5.4(消費電力w)×1(時間h)=5.4(電力量wh)
5.4÷1000=0.0054(kwh)
0.0054(kwh)×31(円)=0.16円
※1kWhあたりの電力量料金を31円として計算しています。

つまり、「涼風モード(最小)」で1時間運転した場合の電気代は0.16円です。

6時間運転すると0.96円

1カ月、毎日6時間運転した場合は28.8円の電気代がかかります。

「涼風モード(最大)」の電気代

「涼風モード(最大)」の消費電力は26wです。

1時間あたりの電気代は以下の通りです。

26(消費電力w)×1(時間h)=26(電力量wh)
26÷1000=0.026(kwh)
0.026(kwh)×31(円)=0.8円
※1kWhあたりの電力量料金を31円として計算しています。

つまり、「涼風モード(最小)」で1時間運転した場合の電気代は0.8円です。

6時間運転した場合は4.8円

1カ月、毎日6時間運転した場合は144円の電気代です。

「温風モード」の電気代

「温風モード」の消費電力は1200wです。

1時間あたりの電気代は以下の通りです。

1200(消費電力w)×1(時間h)=1200(電力量wh)
1200÷1000=1.2(kwh)
1.2(kwh)×31(円)=37.2円
※1kWhあたりの電力量料金を31円として計算しています。

つまり、「温風モード」で1時間運転した場合の電気代は37.2円です。

6時間運転した場合は223.2円

1カ月、毎日8時間運転した場合は6,696円の電気代です。

ダイソン ホットアンドクールAM09の電気代まとめ

1時間あたりの電気代1か月の電気代
(6時間x30日)
涼風モード(最小)0.16円28.8円
涼風モード(最大)0.8円144円
温風モード37.2円6,696円

※ダイソン ホットアンドクールAM09を使用する環境や、1kWhあたりの電気量料金によって電気代が前後しますので、あくまで目安としてお考えください。

ダイソン ホットアンドクールAM09は非常にパワフルですが、温風モードを使用する際は注意が必要です。

温風モードは消費電力が1,200wと高く、毎日長時間使用すると電気代がとても高くなってしまいます。

温風モードでの使用は、「お風呂に入る前後だけ」「朝部屋があたたまるまでの間だけ」など、短時間での使用にとどめ、他の暖房器具とも組み合わせて使うのが良いでしょう。

▼ダイソン ホットアンドクールAM09はココからチェック!

ダイソン ホットアンドクールAM09の機能や特徴

ここからは、ダイソン ホットアンドクールAM09の機能や特徴についてお話していきます。

ダイソン ホットアンドクールAM09には以下のような機能や特徴があります。

・年間を通して使用できる
・2つの送風モード
・簡単な角度調整&首振り機能
・夜間でも安心なスリープタイマー機能&サーモスタット機能
・お手入れ簡単&移動がラク
・本体上部に取り付けられるリモコン
・安心な転倒時自動停止機能、切り忘れ防止機能

一つずつ、くわしくお話していきます!

年間を通して使用できる

画像クリックで楽天市場に移動します。 

冬は温風モードで部屋を暖め、夏は涼風機・扇風機として使用できます。

温風モードでは温度調節ができるので、「ちょっと肌寒いから少し暖めたい」というときにも活躍します。

また、エアコンと同時に使うと、エアコンの冷風・温風を効率よく循環させることができます。

2つの送風モード

AM09には、フォーカスモードとワイドモードの、2つの送風モードがあります。

◆フォーカスモード・・・パワフルな風が遠くまで届き、必要な場所にだけ涼風・温風を送ることができます。

◆ワイドモード・・・広範囲に送風することができるので、部屋の温度をより早く均一にすることができます。

簡単な角度調整&首振り機能

手動によって前後の角度を微調整することができます。

また、首振り機能もついているので、風を広範囲に届けることができます。

夜間でも安心なスリープタイマー機能&サーモスタット機能

最短で15分、最長で9時間まで設定することが可能で、希望の時間になると自動でスタンバイモードに切り替わります。

サーモスタット機能も搭載されていて、設定した温度になるよう、室温を保ってくれます。

部屋を過剰に暖め過ぎることがないので安心です。

お手入れ簡単&移動がラク

AM09は羽がないので、お手入れが簡単です。

お手入れは、異物が付いている場合は、本体の吸気口や空洞部分をやわらかいブラシなどで取り除きます。

基本的なお手入れは、乾いた布、もしくは湿った布などで拭くだけです。

重量は約2.68kgと軽く、サイズも幅20.4cm、高さ59.5cm、奥行き20.4cmとコンパクトサイズなので、掃除の際の移動もラクです♪

本体上部に取り付けられるリモコン

画像クリックで楽天市場に移動します。 

リモコンはシンプルなデザインで、操作が直感的にわかるような表示になっています。

マグネットがついていて、使わないときは本体の上部にリモコンを置くことができます。

安心な転倒時自動停止機能、切り忘れ防止機能

転倒したときには自動停止スイッチが作動するようになっています。

また、温風モードを使用した際の切り忘れを防止するため、温風モードの使用後8時間で自動的に運転が停止されます。

羽もないので、小さなお子様が怪我をしてしまう…ということも防げます。

ただし、温風モード使用時は本体が熱くなるため、注意が必要です。

▼ダイソン ホットアンドクールAM09はココからチェック!

ダイソン ホットアンドクールAM09の口コミレビュー!電気代は高い?まとめ

ここまで、「ダイソン ホットアンドクールAM09の口コミレビュー!電気代は高い?」についてお話してきました。

悪い口コミには、

・風量をあげると少々うるさい
・音が気になる

といったものがありました。

ダイソン ホットアンドクールAM09は、扇風機などと同様、風量を強くすればするほど音も大きくなっていきます。

温風モード時の最小運転音は32.8dBですが、風量を最大にすると運転音は40.3dBほど。

涼風モードでは最小運転音が30.9dB、最大運転音は50.8dBほどの音の大きさです。

目安として、大体30dBで「ささやき声」くらいの音の大きさ、40dBで「図書館にいる時」くらいの音、50dBで「1m離れた所にある換気扇」くらいの音の大きさです。

テレビを見たり何か作業をする場合は、最大風量で使うのは避けて、音が気にならない程度の風量に調節するのが良さそうですね。

良い口コミには、

・デザインがかっこいい
・タイマーがついているので便利
・羽がないので小さな子供がいても安心
・一年を通して使える
・スリムで置き場所に困らない
・温風モードは、ストーブが不要なくらい暖かい

といったものがありました。

暑い時は涼風モード、寒い時には温風モードが便利です。

温風モードでは温度調節も可能なので、春秋の少し肌寒い季節にも使用でき、一年を通して活躍します。

サイズは幅20.4cm、高さ59.5cm、奥行き20.4cmとコンパクトで、重さも2.68KGと軽いので移動もラクで、狭いお部屋でも設置しやすいです。

転倒時自動停止機能や切り忘れ防止機能、そして何より羽がないので、小さなお子様がいても安心です。

電気代では、温風モードの消費電力が1200wと高く、1カ月(6時間×30日)6、696円の電気代がかかる結果となりました。※1kWhあたりの電気量料金によって電気代が前後しますので、あくまで目安としてお考え下さい。

涼風モードでは、消費電力最小で1カ月28.8円、最大で1カ月144円の電気代がかかります。

「温風モードはとてもよく暖まる」と口コミでは大好評でしたが、電気代が結構高いので「お風呂の前後だけ」「部屋があたたまるまで」など、短時間での使用が良いでしょう。

ダイソン ホットアンドクールAM09は、温風と涼風を兼ね備えているので1年中活躍します。

また、羽がないので小さなお子様がいるご家庭でも安心して使用することができます。

興味がありましたら、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼ダイソン ホットアンドクールAM09はココからチェック!

Amazonプライム会員になるとお得にお買い物することが可能です。

商品を届けてもらうための配送料がプライム会員なら完全無料に!
※プライム会員でない場合、注文金額2,000円未満で410円または450円の配送料が必要になります。

通常配送料だけでなく、お急ぎ便(510円~650円)や日時指定便(510円~550円)も無料で利用できます。

お急ぎ便や日時指定便は、すぐに商品が欲しい時やお仕事などであまりお家にいないという方に便利なサービスです。

しろっこ
しろっこ

Amazonで月2回以上お買い物をすれば、配送料のみでプライム会費の元がとれます♪

※Amazonプライムは月額500円。初めての方は30日間の無料体験あり。

Amazonプライム会員になると、配送料が無料になるだけではなく様々な特典が利用できます。

>>プライム会員特典について詳しく知りたい方はこちら

プライム会員の月会費は月額600円(税込)。

1年分まとめてお支払いすると5,900円(税込)です。

1年分まとめて払う方が毎月月会費を支払うより年間1,300円お得です。

なお、初めてプライム会員になる人は30日間の無料体験が可能です!

様々な特典を楽しんだ後、無料体験期間終了前にプライム会員を解除すれば、料金は一切かかりません。

プライム会員の様々な特典が気に入った方は、そのまま有料会員として継続も可能です。

送料無料でお買い物ができて、色々な恩恵を受けられるAmazonプライム会員

ぜひ一度、体験してみてくださいね♪

Amazonプライムを体験してみる

白物家電空調・季節家電
しろっこをフォローする
白黒家電ブログ
タイトルとURLをコピーしました