ダイソンHP07とHP09の違いを比較!どっちがおすすめ?空気清浄ファンヒーター

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

ダイソン 空気清浄ファンヒーター Purifier Hot+Cool HP07とHP09の違いを比較してみました。

また、HP07とHP09どちらがおすすめなのかについてもお話していきます。

HP07は2021年5月に、HP09は2022年10月に発売の、ダイソンの空気清浄ファンヒーターです。

冬はヒーター、夏は扇風機のように使用でき、さらに1年中空気清浄機としても使うことができる製品です。

HP07とHP09の違いは、

・ホルムアルデヒドを検知して分解できるかどうか
・運転音の大きさ
・本体カラー
・価格の違い

この4つです。

ホルムアルデヒドを検知・分解してくれる機能が搭載されているのはHP09です。

検知したホルムアルデヒドは水と二酸化炭素に分解されます。

HP07なにはない機能です。

運転音はHP09の方が少し大きいです。

また、本体カラーに関しては、HP07が3色から選べるのに対し、HP09は1色しかありません。

記事本文では、HP07とHP09の違いをさらに詳しくお話していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね♪

▼ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP07はココからチェック!

▼ ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP09はココからチェック!

スポンサーリンク

ダイソン HP07とHP09の違いを比較!どっちがおすすめ?

ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP07とHP09の違いは以下の通りです。

・HP09はホルムアルデヒドを検知&分解できる
・HP09の方が運転音が大きい
・HP07のカラーは3色、HP09のカラーは1色
・HP07の方が価格が安い

この4つになります。

一つずつ、詳しくお話していきます。

HP09はホルムアルデヒドを検知&分解できる

HP09はホルムアルデヒドを検知&分解できます。

HP09に搭載されたセンサーがホルムアルデヒドを検知すると、触媒フィルターを通してホルムアルデヒドを「水」と「二酸化炭素」に分解してくれます。

そもそもホルムアルデヒドとは、建築の際の接着剤や、壁の防腐剤などに含まれている化学物質で、室内では壁や天井、床のフローリングや家具など、多くの場所で使われています。

現在では、建材へのホルムアルデヒドの使用は抑えられていますが、数年前までは広く使われていました。

ホルムアルデヒドは空気中に放散するので、室内の空気中を漂います。

そしてホルムアルデヒドはヒトの粘膜を刺激するため、「涙が出る」「目がちかちかする」「鼻水」「のどの痛み」「せき」といった症状や、シックハウス症候群の原因の一つとされています。

小さなお子様やご高齢の方など、免疫力の弱い人は特に影響を受けやすいと言われています。

しろっこ
しろっこ

HP09のホルムアルデヒドを検知&分解してくれる機能は、免疫力の弱い方や、健康に気をつけたい方には重宝する機能ですね。

ちなみにホルムアルデヒドを分解してくれるHP09の触媒フィルターは、定期的な交換は不要です♪

HP09の方が運転音が大きい

HP09の方が運転音が大きいです。

HP07とHP09の最小/最大の運転音は以下の通りです。

◆HP07
空気清浄モード 23.8dB/ 48.6dB
温風モード 30.4dB / 40.8dB
◆HP09
空気清浄モード 23.5dB / 48.9dB
温風モード 34.4dB / 44.2dB

空気清浄モードでは、HP07とHP09の差は0.3dB(デシベル)程度の差で、あまり大きな差がみられません。

しかし温風モードでは、最小時でも最大時でも、HP09の方が4dB(デシベル)ほど大きくなっています。

40~50デシベルは「ふつう(うるさく感じない)」「日常生活に望ましい範囲の音」と言われていますが、音に敏感な方は、この4デシベルの差が気になることもあるかもしれません。

HP07のカラーは3色、HP09のカラーは1色

HP07とHP09は、カラーバリエーションが違います。

HP07は「ホワイト/シルバー」「シルバー/ブルー」「ブラック/ニッケル」の3種類ですが、HP09は「ホワイト/ゴールド」の1種類のみとなっています。

▼ダイソン HP07(ホワイト/シルバー)

画像クリックで楽天市場に移動します。 

こちらはHP07の「ホワイト/シルバー」カラーです。

上部の風が出るところはホワイトで、下半分は全てシルバーです。

▼ダイソン HP07(シルバー/ブルー)

画像クリックで楽天市場に移動します。

こちらはHP07の「シルバー/ブルー」です。

真ん中あたりはブルーで、風が出る上部などはシルバーです。

▼ダイソン HP07(ブラック/ニッケル)

画像クリックで楽天市場に移動します。

こちらはHP07の「ブラック/ニッケル」。

全体的に黒っぽい色をしていますが、真ん中あたりはニッケルのような銀色をしています。

▼ダイソン HP09(ホワイト/ゴールド)

画像クリックで楽天市場に移動します。

こちらはHP09の 「ホワイト/ゴールド」。

風が出る上部はホワイト、真ん中あたりはゴールド、その他の部分はシルバーです。

しろっこ
しろっこ

いろいろな色があるので、お部屋の雰囲気や好みなどで選んでみても良いかもしれませんね♪

HP09の方が価格が高い

価格はHP07の方が安いです。

楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングで最安値を調べてみました。
(2023年12月14日時点)

■HP07の最安値
楽天市場:66,077円
Amazon:70,747円
Yahoo!ショッピング:67,800円
■HP09の最安値
楽天市場:79,777円
Amazon:107,800円
Yahoo!ショッピング:78,000円

HP07とHP09で大体1万円~3万円ほどの差がありました。

HP09はHP07よりも機能が1つ多く(ホルムアルデヒドを検知分解する機能)、販売時期もHP07より1年ほど後なので、こういった価格差が生まれたのだと考えられます。

▼ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP07はココからチェック!

▼ ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP09はココからチェック!

ダイソンHP07とHP09 どっちがおすすめ?

ダイソンHP07とHP09、どちらがおすすめなのでしょうか。

「HP07がおすすめな人」「HP09がおすすな人」で分けてみました。

HP07がおすすめな人

・運転音が少しでも静かな方がいい人
・「ホワイト/シルバー」「シルバー/ブルー」「ブラック/ニッケル」のカラーが良い人
・購入価格を安くおさえたい人

HP09がおすすめな人

・赤ちゃんがいるご家庭の人
・ご高齢の方など免疫力が弱い人
・「ホワイト/ゴールド」のカラーが良い人

結局どっち?

「HP07」がおすすめです。

理由は機能は1つしか変わらないのに、価格はHP07の方がかなり安いから。(2023年12月14日時点)

一般的なご家庭ならHP07で十分です。

ただし、免疫力が弱い赤ちゃんやご高齢のいるご家庭では、ホルムアルデヒドを検知&分解できるHP09も選択肢に入ります。

▼ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP07はココからチェック!

▼ ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP09はココからチェック!

ダイソン HP07とHP09 共通の機能

画像クリックで楽天市場に移動します。

ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP07とHP09に共通している機能は以下の通りです。

・高性能フィルターがウイルスやカビ、ニオイなどを除去
・花粉を99%以上除去
・パワフルな循環力で、部屋全体の空気をきれいに
・ヒーター、扇風機、空気清浄機の1台3役で、1年通して使える
・きれいな空気を部屋全体におくる、350度首振り機能
・睡眠時に嬉しいナイトモード
・室内の空気の状態をリアルタイムで表示
・面倒なお手入れ不要
・A4用紙ほどのコンパクトサイズ
・その他

一つずつ、くわしくお話していきます。

高性能フィルターがウイルスやカビ、ニオイを除去

画像クリックで楽天市場に移動します。 

ダイソン HP07とHP09は、どちらもHEPAフィルターと活性炭フィルターが一体になった高性能フィルターを搭載しています。

構成フィルターは「細菌」「カビ」「花粉」「ハウスダスト」「ウイルス」「車の排気など有害なガス」「ニオイ」などの物質をしっかりと除去してくれます。

車の排気ガスに含まれるベンゼン、燃料を燃やすと発生する二酸化窒素はどちらも有害ですが、こちらも除去することができます。

HEPAフィルターというのは半導体や精密機械の工場でも使われている高性能なフィルターで、PM0.1レベルの粒子を99.95%除去します。

PM0.1というのは、PMが「粒子状物質」という意味で、横の0.1というのはその大きさを表しており、この数字が小さいほど小さな粒子ということになります。

PM0.1はとても微細で、そのサイズはなんと、人間の髪の毛の直径の1000分の1以下、スギ花粉の300分の1ほどです。

ウイルスがPM0.1、カビやハウスダストがPM10、車の排気ガスがPM2.5程度なので、ほとんどのものをこのHEPAフィルターでキャッチすることができます。

キャッチした微細な粒子はフィルターだけでなく、製品全体で閉じ込め外に出さないので、常に綺麗な空気を送り出すことができます。

しろっこ
しろっこ

長々と説明しましたが、ようするにしっかりと空気をキレイにしてくれるという事!
花粉の季節や、お子さんやペットのいるご家庭、アレルギー体質の方なども案心して使うことができます♪

花粉を99%以上除去

HP07とHP09は色々な物質を除去してくれますが、花粉を除去する能力に関しては、JAPOCから認証も受けています。

JAPOCとは花粉問題対策事業者協議会のことで、このJAPOCが定めた厳しい規格を満たした製品にのみ「JAPOCマーク」が付与されます。

ダイソンHP07とHP09にはこの「JAPOCマーク」が付与されていて、花粉除去率はなんと99%以上です。

しろっこ
しろっこ

JAPOCマークは、花粉症対策としての性能が高いことはもちろん、製品の使い心地の良さもクリアすることで付与されるため、HP07とHP09は効果があって使い心地がよい製品であるといえます♪

パワフルな循環力で、部屋全体の空気をきれいに

独自のAir Multiplier™(エアマルチプライアー)テクノロジーによって、遠くにある空気の汚れも引き寄せることができます。

これによって空気が循環され、部屋全体の空気をきれいにすることができます。

ヒーター、ファン、空気清浄機の1台3役で、1年通して使える

画像クリックで楽天市場に移動します。 

常に空気清浄機として機能しますが、寒い冬には「ファンヒーター」として、暑い夏には「扇風機」としても機能します。

ファンヒーターや扇風機として使いながら、同時に空気清浄機能も使うことができます。

また、直接涼しい風に当たらずに空気清浄できる「ディフューズドモード」も搭載されているので、寒い日に空気清浄機としてのみ使いたい場合でも安心して使うことができます。

きれいな空気を部屋全体におくる、350度首振り機能

HP09もHP07も、角度を調節できる首振り機能がついています。

最大で350度の首振りができるので、室内のどこに置いても、きれいな空気を部屋全体に届けることができます!

睡眠時に嬉しいナイトモード

画像クリックで楽天市場に移動します。 

HP07もHP09もナイトモードが搭載されています。

ディスプレイの光がおさえられ、静音運転に切り替わるので睡眠を妨げません。

静音運転の状態でも空気の状態を確認しながら、つねに浄化された空気を送り出してくれます。

室内の空気の状態をリアルタイムで表示

本体に3つのセンサーが搭載されていて、直近12秒間の空気の状態を送風口の下のディスプレイに表示しています。

たばこの煙などPM2.5以下の微細な粒子、花粉、ほこりなどPM10以下の粒子、有害となりうるガスや、ニオイなどを検知します。

また、室内の温度、湿度も確認することができます。

面倒なお手入れ不要

画像クリックで楽天市場に移動します。 

HP07もHP09も、水洗いや掃除など、面倒なお手入れが不要です。

空気をきれいにしてくれるHEPAフィルターは1年に1度交換する必要がありますが、古いフィルターを外して新しいフィルターを装着するだけなので簡単です。

ちなみにフィルターの寿命がくると、本体のディスプレイに交換時期のお知らせが表示される仕様です。

A4用紙ほどのコンパクトサイズ

HP09もHP07も、サイズが同じです。

サイズはどちらも高さ76.4cm、奥行き24.8cm、幅24.8cmです。

高さはありますが、大体A4サイズのコピー用紙ほどのスペースがあれば設置が可能です。

※A4コピー用紙のサイズ・・・21cm×29.7cm。

その他機能

その他、以下の機能もあります。

・自動温度制御機能で無駄な加熱を防ぐ
・過度に熱くなりすぎたり、転倒時には電源を自動で停止
・付属のリモコンは本体上部に取り付け可能
・MyDyson™アプリでどこでも空気の状態を確認、コントロール
・音声コントロール対応で、ハンズフリー操作も可能

▼ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP07はココからチェック!

▼ ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP09はココからチェック!

ダイソンHP07とHP09の違いを比較!どっちがおすすめ?空気清浄ファンヒーターまとめ

ここまで、ダイソンHP07とHP09の違いを比較してきました。

ダイソンHP07とHP09の違いは、以下の4つでした。

・HP09はホルムアルデヒドを検知&分解できる
・HP09の方が運転音が大きい
・HP07のカラーは3色、HP09のカラーは1色
・HP07の方が価格が安い

特に大きな違いが「HP09はホルムアルデヒドを検知&分解できる」「HP07の方が価格が安い」という点です。

建築の材料として使われることもあるホルムアルデヒドですが、ヒトの粘膜を刺激する作用があると言われています。

免疫力の弱い方は影響を受けやすいので、小さなお子様、ご高齢の方がご家庭にいる場合はHP09がおススメです。

ただし、価格が安いのはHP07の方で、HP09と比較して大体1万円~3万円ほどの価格の差がありました。(2023年12月14日時点)

一般的なご家庭の方は、価格が安い「HP07」。

赤ちゃんなど免疫力の弱い方がご家庭にいる方には「HP09」がおすすめです。

1台3役のダイソン 空気清浄ファンヒーター HP07とHP09。

ぜひ一度チェックしてみてくださいね♪

▼ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP07はココからチェック!

▼ ダイソン 空気清浄ファンヒーター HP09はココからチェック!

Amazonプライム会員になるとお得にお買い物することが可能です。

商品を届けてもらうための配送料がプライム会員なら完全無料に!
※プライム会員でない場合、注文金額2,000円未満で410円または450円の配送料が必要になります。

通常配送料だけでなく、お急ぎ便(510円~650円)や日時指定便(510円~550円)も無料で利用できます。

お急ぎ便や日時指定便は、すぐに商品が欲しい時やお仕事などであまりお家にいないという方に便利なサービスです。

しろっこ
しろっこ

Amazonで月2回以上お買い物をすれば、配送料のみでプライム会費の元がとれます♪

※Amazonプライムは月額500円。初めての方は30日間の無料体験あり。

Amazonプライム会員になると、配送料が無料になるだけではなく様々な特典が利用できます。

>>プライム会員特典について詳しく知りたい方はこちら

プライム会員の月会費は月額600円(税込)。

1年分まとめてお支払いすると5,900円(税込)です。

1年分まとめて払う方が毎月月会費を支払うより年間1,300円お得です。

なお、初めてプライム会員になる人は30日間の無料体験が可能です!

様々な特典を楽しんだ後、無料体験期間終了前にプライム会員を解除すれば、料金は一切かかりません。

プライム会員の様々な特典が気に入った方は、そのまま有料会員として継続も可能です。

送料無料でお買い物ができて、色々な恩恵を受けられるAmazonプライム会員

ぜひ一度、体験してみてくださいね♪

Amazonプライムを体験してみる

白物家電空調・季節家電
しろっこをフォローする
白黒家電ブログ
タイトルとURLをコピーしました