Fire TV Stickと4K MaxとCubeの違いを比較。おすすめはどれ?

※本ページはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

Fire TV Stick4K MaxCubeの違いを比較しました。
また、どれがおすすめなのかも合わせてお話していきます。

Fire TV Stickと4K MaxとCubeの主な違いは、

・価格の違い
・プロセッサとメモリの違いによる処理能力の差
・4Kテレビに対応しているかどうか
・リモコンを使わないハンズフリー操作が可能かどうか
・テレビに直接差し込むか、テレビの周囲に設置するかどうか
です。
Fire TV Stickと4K MaxとCubeの詳しい違いは、本文にて解説・比較しています。
ぜひ、ご覧ください。

▼Fire TVシリーズの中で最も価格が安いFire TV Stickはココからチェック!

▼コスパ最高のFire Tv Stick 4K Maxはココからチェック!

▼サクサク動いてハンズフリー操作可能なFire TV Cubeはココからチェック!

スポンサーリンク

Fire TV シリーズとは?

Fire TV シリーズは、テレビに接続して映画や動画を見ることができる映像出力機器です。

動画配信サービスに対応していないテレビでも、安くて簡単に映画や動画を楽しむことができます。

対応している動画サービスも豊富です。

対応している
無料の動画サービス
●You Tube
●GYAO!
●TVer
●ABEMA
●Redbull TV
など
対応している
定額制の動画サービス
●Amazonプライムビデオ
●U-NEXT
●Netflix●Hulu
●DAZN●FOD
●Apple TV+
●Disney+
など
しろっこ
しろっこ

Fire TV シリーズは映画や動画だけでなく、音楽やゲーム、ネットサーフィンも楽しむことができます♪

Fire TV Stickと4K MaxとCubeの違いを比較

Fire TV Stickと4K MaxとCubeのスペックや仕様の違いを表で比較

Fire TV Stick の写真Fire TV Stick Fire TV Stick 4K Maxの写真Fire TV Stick 4K Max Fire TV CubeFire TV Cube
発売日 2020年9月30日 2021年10月7日 2019年11月5日
価格 4,980円 6,980円 14,980円
映像 最大1080p(HD)
HDR
HDR10+
HLG
4K Ultra HD
HDR
HDR10
HDR10+
Dolby Vision
HLG
4K Ultra HD
HDR
HDR10
HDR10+
Dolby Vision
HLG
オーディオ Dolby Atmos Dolby Atmos Dolby Atmos
プロセッサ クアッドコア 1.7GHz クアッドコア 1.8GHz ヘキサコア
2.2GHz + 1.9GHz
メモリ 1GB 2GB 2GB
ストレージ 8GB 8GB 16GB
Wi-Fi 6対応
内蔵スピーカー
ハンズフリー操作
保証期間 90日 1年 1年

解像度の違いを比較

「Fire TV Stick」はフルHDまでしか対応していませんが、「Fire TV Cube」と「Fire TV Stick 4K Max」は、4K Ultra HDに対応しています。

4K Ultra HDはフルHDのおよそ4倍もの解像度です。
4K Ultra HDの方がより鮮明で迫力のある映像が楽しめます。

解像度の良さは、

Fire TV CubeFire TV Stick 4K MaxFire TV Stick
となります。

処理能力、動きの滑らかさ

処理能力の高さや動きの滑らかさはプロセッサとメモリで決まります。

よくプロセッサは頭脳、メモリは机と例えられます。
素晴らしい頭脳があっても、作業する机が狭いと処理能力は低くなります。
広い机があっても頭脳が大した事ないなら処理能力は低いです。

プロセッサとメモリはどちらも重要だという事が分かるかと思います。

Fire TV Stickのプロセッサは、クアッドコア1.7GHz、メモリは1GB。
Fire TV Stick 4K Maxは、クアッドコア1.8GHz、メモリ2GB。
Fire TV Cubeは、ヘキサコア2.2GHz + 1.9GHz、メモリ2GB。

プロセッサとメモリを総合的に判断すると、処理能力と動作の滑らかさは

Fire TV CubeFire TV Stick 4K MaxFire TV Stick
という順番になります。

Fire TV Stickと4K MaxとCubeのそれぞれのメリットデメリット

Fire TV Stickの良い所・悪い所

価格が安いというのが一番のメリット。
アプリの起動はやや遅いです。
処理能力がFire TVシリーズの中で最も低く、映像にノイズが走ったり、動作が遅くなる事があります。

Fire TV Stick 4K Maxの良い所・悪い所

アプリの起動はそこそこ早いです。
4Kテレビに対応。
動作もストレスなくサクサク動きます。

Fire TV Cubeの良い所・悪い所

4Kテレビに対応。
ヘキサコア&2GBメモリという事もあり、とてもサクサク動きます。
また、スピーカーが内蔵されているので、リモコンを使わずハンズフリー操作が可能な事もメリットです。

デメリットは価格が高い事。
そしてもう1つ、テレビに直接差し込むタイプのFire TV Stickと4K Maxとは違い、Cubeはテレビの周囲に設置する必要があるという事もデメリットだと感じました。

しかも、テレビから30cm以上離れた場所の設置を推奨しています。
(テレビに近いと内蔵スピーカーが音声を拾ってくれないため。)

使用しているテレビボードによってはテレビから30cm以上離れた所に設置するのが難しい、インテリア的に合わないという方もいるかと思います。

 Fire TV Stickと4K MaxとCubeおすすめはどれ?

Fire TV Stickと4K MaxとCube、おすすめはどれなのかをまとめました。

Fire TV Stickがおすすめな人
・処理能力や解像度は気にしない!とにかく価格を抑えたいという人

Fire TV Stick 4K Maxがおすすめな人
・価格そこそこ、機能そこそこ、コスパ重視な人

Fire TV Cubeがおすすめな人
・最高の環境で映画や動画を楽しみたい人
・リモコンを使うのが面倒な人
・Cubeを置くスペースが確保できる人

「特にこだわりはない」「決めかねている」という方はFire TV Stick 4K Maxを選ぶのが良いです。
動画や映画は問題なく見れますし、価格もCubeほど高くないので1番無難です。

 【とっておき】Fire TV Stickシリーズを安く買う方法

Amazonのセールを狙う

Amazonでは定期的にプライムデーやタイムセールなどのセールを開催しています。
セールではFire TV Stickシリーズも安く購入する事ができます。

2021年11月下旬に開催されたブラックフライデーでは、Fire TV Stickが2,480円、Fire TV Stick 4K Maxが3,980円、Fire TV Cubeが7,980円で販売されていて、いずれも半額に近い値引きでした。

※AmazonプライムデーはAmazonプライム会員限定のセールなので注意。

▼定期的に開催されるセールの一例▼

・タイムセール(毎月)
・初売りセール(1月上旬)
・Amazonプライムデー(2021年は6月開催)
・ブラックフライデー(11月下旬)
・サイバーマンデー(ブラックフライデー明けの月曜日)
など

Amazonギフト券(チャージ)でお得に買う

クレジット決済ではなく、Amazonギフト券(チャージ)をコンビニやATM、ネットバンキングで自分のアカウントにチャージしてからお買い物をすると、Fire TVシリーズをよりお得に購入する事ができます。

手間はかかりますが、チャージ金額によってプライム会員は最大2.5%、通常会員でも最大2.0%のAmazonポイントがもらえます。

例)プライム会員の方が1度に9万円チャージすると、2,250円分のポイントが貰える。

Amazonでお得にお買い物するなら、見逃さないでくださいね。

→Amazonチャージを見てみる

Amazonのセールの時期以外に買いたい場合

Fire TVシリーズは、実は楽天市場とYahoo!ショッピングでも販売されています。
しかも、通常価格より数百円から1,000円前後安く売られています。

Amazonのセールまで待てない!という場合は、楽天市場かYahoo!ショッピングで購入するのが良いかと思います。

▼Fire TVシリーズの中で最も価格が安いFire TV Stickはココからチェック!

▼コスパ最高のFire Tv Stick 4K Maxはココからチェック!

▼サクサク動いてハンズフリー操作可能なFire TV Cubeはココからチェック!

 Fire TV Stickと4K MaxとCubeの違いを比較。どれがおすすめ?まとめ

Fire TV Stickと4K MaxとCubeについてお話してきました。

Fire TV Stickは、
一番価格が安いが、4Kテレビに未対応。
映像にノイズが入ったり動作が遅くなる事がある。

Fire TV Stick 4K Maxは、
一番コスパが良い。
サクサク動き、4Kテレビにも対応している。

Fire TV Cubeは、
一番価格が高い。
かなりサクサク動き、4Kテレビに対応している。
リモコンを使わず音声操作が可能。
テレビから30cm以上離しての設置が推奨されている。

Fire TVシリーズは映画や動画はもちろん、ゲームをしたり音楽を楽しむこともできます。

仕事終わりに映画を楽しむも良し、休みの日にまとめてドラマを見るのも良し、子どもと一緒にアニメを楽しむのも良し、な映像出力装置です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

▼Fire TVシリーズの中で最も価格が安いFire TV Stickはココからチェック!

▼コスパ最高のFire Tv Stick 4K Maxはココからチェック!

▼サクサク動いてハンズフリー操作可能なFire TV Cubeはココからチェック!

Amazonプライム会員になるとお得にお買い物することが可能です。

商品を届けてもらうための配送料がプライム会員なら完全無料に!
※プライム会員でない場合、注文金額2,000円未満で410円または450円の配送料が必要になります。

通常配送料だけでなく、お急ぎ便(510円~650円)や日時指定便(510円~550円)も無料で利用できます。

お急ぎ便や日時指定便は、すぐに商品が欲しい時やお仕事などであまりお家にいないという方に便利なサービスです。

しろっこ
しろっこ

Amazonで月2回以上お買い物をすれば、配送料のみでプライム会費の元がとれます♪

※Amazonプライムは月額500円。初めての方は30日間の無料体験あり。

Amazonプライム会員になると、配送料が無料になるだけではなく様々な特典が利用できます。

>>プライム会員特典について詳しく知りたい方はこちら

プライム会員の月会費は月額600円(税込)。

1年分まとめてお支払いすると5,900円(税込)です。

1年分まとめて払う方が毎月月会費を支払うより年間1,300円お得です。

なお、初めてプライム会員になる人は30日間の無料体験が可能です!

様々な特典を楽しんだ後、無料体験期間終了前にプライム会員を解除すれば、料金は一切かかりません。

プライム会員の様々な特典が気に入った方は、そのまま有料会員として継続も可能です。

送料無料でお買い物ができて、色々な恩恵を受けられるAmazonプライム会員

ぜひ一度、体験してみてくださいね♪

Amazonプライムを体験してみる

黒物家電
しろっこをフォローする
白黒家電ブログ
タイトルとURLをコピーしました